『恋愛 攻略 落とし方 基本はこれ!』

      2016/07/03


Sponsored Link

女性目線で相手をおとす鉄則、原則って、こんなとこみたいです。

1 人間として 好意・興味・尊敬・関心を示すことから

2 相手が出してくるまで、恋愛感情を抑える

3 相手が恋愛感情を見せてきたら、バランスを意識する

 

1 人間として 好意・興味・尊敬・関心を示すことから

ある男性を狙うとき、まずは彼のことを、あくまで人として興味を持ち、

リスペクトし、人としての好きとのスタンスを維持することが、女性にとって

リスクがなく、彼と近づけて、恋愛につながる可能性が、一番高くなる基本なんです。

 

どんな人間も、自分をちゃんと理解して、受け入れてほしい、好意をもってほしいと

根源に願望があります。自分に純粋な関心ある人に、好意を抱いていくものです。

だから多くの人は、その願望を満たすべく、自己アピールにやっきになって、相手への

興味が後回しになりがちです。

 

そんな中 彼を正確に理解して、そのまま受け入れた女性がいればどうでしょう。

貴重な理解者であり、味方であり、仲間だと認識されるのではないでしょうか。

そして男性からすると、安心感を覚え、その助成との会話や存在がうれしくなって、

何とはなしに、良い雰囲気が漂っていくものです。

 

彼を知るチャンスと割りきって、自我をおさえ、吸収第一です。そうして彼が喜ぶこと、

どう接すればいいかなど、自ずと価値観なども見えてくるものです。

 

興味をもってほしければ、まず相手に興味を示す。 自分をアピールするより、

相手にアピールさせることが、一番効果的なことです。

28de0fae196fdcacb5e6ea2344ac9ca5_s

2 相手が出してくるまで、恋愛感情を抑える

相手が恋愛感情を出していない段階では、女性からも恋愛感情をおさえることで、

手づまり感を避ける、リスクを排除できるのです。

 

恋愛感情って、しつこいメール・コール、過剰にプレゼント、おせっかいな世話焼き、

二人でデートを急かす、興味・関心が行き過ぎて質問魔になる、などです。

好きでもない人から、デートやおつきあいを強要されても、うんざりではないですか。

 

お茶くらいって軽く考えても、恋愛感情が露骨だと、警戒するなんてこともあるのです。

(意中の人ならともかく。) こうなると友人や同僚的な立ち位置と違って、会話なども

違和感も出ちゃうし、(恋愛攻撃の)先手不利な感も否めません。

 

また軽く 気に入ってる様子を見せながら、彼を誘わないし、それ以上近寄らない

スタンスが保てれば、やがて彼に「自分はどう思われてるのだろう?」という疑心を

呼び、女性は気になる存在へと昇華するのです。

 

3 相手が恋愛感情を見せてきたら、バランスを意識する

 

例えば 女性が彼に「死ねる」ほど、思いつめていたとして、彼がとにかく楽しく

バカ話でも!といったノリなら、女性側でもトーンを合わせましょって話です。

ヤジロベーが左右の比重崩れたら、均衡しませんね。

本音のほどはともかく、見掛け上、表面的な態度を目安に察してください。

 

そして女性が一方的に尽くすとか、片思いで思いつめるってことを防ぐってことです。

ともかく恋愛感情はまず伏せて、かつ人間的好意は惜しまず示そうと言いますか、

このスタンスの素晴らしさは、恋愛へ近道と言う以外に、映画に誘うとか、つきあいたいとか

具体アクションはないので、ふられたり傷付いたりと無縁で、リスクミニマイズってことです。

 

あるいはこのスタンスの体得は、余裕と言うか モテオーラが強まり、自然と女性優位が

形成され、彼の気になる存在として、女性の影・残像が強まってくってことです。

のバランスが、恋愛成就への王道、角度が高いものと思っていいかと。

意中の人と幸せになる方法、恋愛の落とし方を体得して、もっと極めていきましょう、ではまた。

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - 恋愛