ムーギー・キム 『最強の働き方』が、最高に面白い、売行にも納得!

      2017/09/18


Sponsored Link

最近 読んだ本で、ちょいと秀逸だったので、紹介させてもらいます。

 

ムーギー・キム  『最強の働き方』 

副題: 世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓

 

会社でもトップから推奨、流行りまくって、次年度の新卒内定者全員にも寄贈、

一流にこだわって、こんな働きぶりなら、昇進 間違いなしですね。

kim

○ 『最強の働き方』って こんなコンテンツ

 

Sponsored Link

 第1章 一流への道は一流の基本から― Basic

知らない秘策より、知っている基本の完成度 (書く/ 話す/整理 ほか)

 

第2章 一流の自己管理― Disciplin

一流への道は生活習慣から (時間管理/ 外見/健康/内面/成長 ほか)

 

第3章 一流の心構え(マインドセット)― Mindset

一流と二流の間にあるもの (企業家精神/ 目線を高める)

 

第4章 一流のリーダーシップ― Leadership

まわりから支えられる人はココが違う (人を大切に/ 部下を伸ばす/ロールモデル)

 

第5章 一流の自己実現― SelfーRealization

自分を知り、自分を自由にする (好きなことをする/ 周囲を巻き込む/自由に生きる)

○ ムーギー・キムのプロフ

投資家・ビジネス作家で、英語・中国語・韓国語も話ます。

大学卒業後、ビジネススクールINSEADに学びMBA取得、外資系金融機関の

投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事、その後、外資系

資産運用会社のバイサイド・アナリストやプライベート・エクイティ投資業務などをご経験。

 

東洋経済オンラインの連載 「グローバルエリートは見た」は、3千万PV/年って

言いますから、影響力も甚大。 MBA時代から投資銀行筋の関係者とか、人脈も 豊富なんでしょう。
母上 ミセス・パンプキンも個性的なお方みたいです。

Sponsored Link

 

○ まとめると・・・

 

「勉強ができるかどうかを示す IQと、一流の仕事ができるかどうかを示す

『仕事のIQ』は種類が違う」って立ち位置から、一貫から書かれてます。

 

著者個人ではなく、優秀な上司、凄すぎる部下や同僚の仕事術を解説し、

「一流とは基本の積み重ね」が肝要と説き、基本を極めることで汎用性を示す。

 

各章末のミニコラムも気が利いており、ユーモアとシニカルに溢れ、

飽きずに読めます。 基本を体得したい新人から、ステップアップしたい

キャリア層まで、プロを極める一冊、強くオススメしたい愁眉な書籍です。

こちらも売れてるみたいです。

kim2

 

路線変わるけど、こちらもオススメ致したい!

池内ひろ美さんの 「とり婚」のススメについて、考えて調べてみた!

この方もお美しいんです。

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - やる気 元気, 本・書籍