日本代表 サウジ戦速報、原口の献身性も話題 第5節を終え2位浮上!

      2016/11/21


Sponsored Link

ロシアワールドカップ2018 アジア最終予選の第5節 日本代表がホーム埼玉

スタジアムに、前節首位のサウジアラビアを迎え、トップ浮上をかけて激闘しました。

やりましたね~、2-1で日本代表が、サウジアラビアを破りました。

ゲームをざっくり、振り返ってみましょう!

saudi2

○ 本当に勝ち点を積上げたい勝負所で、スタメンにサプライズ

 

本日5節を終えると、丁度折り返し地点です。 残り5試合はホーム2試合、

アウェイ3試合は全て中東に乗り込む形です。

(UAE、イラク、サウジアラビア)

 

星勘定を見据えると今日は勝って、勝ち点10を確保したいところ。

そんな中 ハリルホジッチ監督、ちょっとスタメンに変化つけてきました。

これまで中心の本田・香川の両エースをベンチスタートです。

2人がスタメンから同時に外れるのは、記憶にないのですが・・・。

オマーン戦で心境著しい大迫と久保を、前線に配してきました。

 

↓ ともかく、以下のメンバーで試合はキックオフです。 ↓

サウジ戦スタメンはコレ!

サウジ戦スタメンはコレ!

 

○ 原口が絶賛され、清武も好調を維持、大迫も随所に好プレー

大迫のポストプレーなどでパス廻しは良好、前半ロスタイム間際、サウジの

ハンドでPKを誘い、清武が着実に決めて、1-0での前半終了。

 

後半には本田や香川も投入され、追加点を伺う中、80分左サイドから

コーナーをえぐってのチャンスメイク、中央から原口が決めて 2-0、

後半も90分におよぶ頃、サウジに失点を許すが、逃げ切ってのホーム勝利。

 

今日引分けでは、勝ち点8の3位維持で心もとなかっただけに、大一番は

ものにできた感です。 全般を通じて、清武・大迫の貢献が大きいと感じました。

そして原口、乗ってますね、予選4連続ゴール、浦和レッズ在籍時もうまかった

ですが、たくましさや速さが、ドイツに渡って格段に増しました、そして

メンタリティも頼もしく見えます。 攻撃のみならず、その献身性も早速 話題です。

ヘルタ・ベルリンでの競争や危機感から、守備も高い位置からのプレスを見せ、

代表チーム内からも成長を評価する声が止みません。

異次元に挑んでいるとの見方もチラホラです。

 

○ 5節を終えての、 B組星取り表

 

チーム  試合数  勝ち点  勝   引   敗  得点  失点  得失差

1 サウジ    5   10   3    1   1   9   5    4

2 日本     5   10   3    1   1   8   5    3

3 豪州     5     9   2    3   0   8   5    3

4 UAE      5   9  3   0   2     7   6    1

5 イラク    5    3   1   0   4   6   8    -2

6 タイ     5    1   0   1   4   3   12    -9

 

う~~ん サウジ戦最後の1失点がなければ、得失点差も入れ替わって1位だっただけに、

残念ではありますが、同一勝ち点でまずは、良しとしましょう。

今日オーストラリアが最下位タイと2-2で分けて、取りこぼしてくれたのも助かりました。

ノリノリの原口元気 選手 ♫

 

つぎは3月に予選は後半戦が再開、いい気分で年を越せます。

新戦力や戦術ヴァリエーション、もっと進化したナショナルチームに期待しましょう!

↓ 参考記事、こちらもご覧いただければです。

2018ロシアW-CUP アジア最終予選組合せ、日程と展望はいかに?

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - イベント, サッカー, スポーツ