ウォーキングのススメ、効果的に運動不足を解消し、健康体を維持!

   


Sponsored Link

運動不足解消にオススメって言ったら、ウォーキング。 より効果的な歩き方をマスター

して、運動効果も高めたいとこです。 毎日は難しいにしても、週3ほどを目標に、1日

20分程度、継続されてはどうでしょうか。 火・木・土とか、規則化してルーチンに取込む

となお良しかと。

 

○ ウォーキングの注意点

walking

・肩の力を抜く

肩の力を抜くと、腕の振りがスムーズとなって、歩行が軽快になります。

 

・視線を遠くに、あごは引く

 

・腕は前後に大きく振る

肘を軽く曲げて腕を振れば疲れにくくて、さらに大きく振れば歩幅は広くなります。

 

・背筋を伸ばして胸を張る

 

・膝を伸ばす

膝を伸ばして歩けば、自然にかかとから着地することとなり、かかとから着地する

と歩幅も広まっていきます。

 

・腰の回転を意識する

この意識でも自然と歩幅も広がります。 股関節周辺の筋力が使われて、運動効果も

高まります。

 

・シッカリ大地をキックする感覚

かかとから着地し、体重を親指の付け根へ移動させ、つま先で大地を蹴り出す感じで

歩行します。

 

○ 老化の転倒予防には、コチラの意識

加齢で身体機能の低下に伴い、体をささえられず、思わず転倒する場面が増えがちです。

転倒予防に体操や心掛けで、毎日健全に「いきたいです。

 

・ももの前側とお尻の筋肉を鍛える筋トレに、空気イス

 ・足の機能向上に、足の指でじゃんけん

 ・バランスをとる筋肉鍛錬に、片足立ち

 ・骨盤周りの筋肉は、立って片足づつ、横に開閉

 ・アキレス腱のストレッチ

 ・背中を上下・左右にストレッチ 

 

○ 身体を動かすのは、メンタルにも良い

忙しい毎日を送る方が少なくないかと思いますが、外の空気を吸って、折々の季節も

感じて、精神的にもまた脳にも好影響だそうです。  日常に流されるでなく、意識して

こうした時間を作ることが精神的にも健全でいられます。

ぜひ習慣づけて、健康な体を維持して参りましょう。

↓ こちら可愛らしい女子高生の、ウォーキングをどうぞ。。

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - 健康, 雑記