成宮寛貴が引退! 炎上のフライデーTwittアカウントも追ってみた

   


Sponsored Link

昨日 俳優の成宮寛貴さんが芸能界引退を表明、いや~衝撃が走りました。

トリガーは講談社 写真週刊誌『FRIDAY』のコカイン要求報道と言われます。

言論の自由はあれ、特定の個人を致命的に追い詰めるものだとしたら・・・、

議論の分かれるとこかと思います。 気になるとこ追いかけてみましょう。

 

○ 成ちゃんの半生から

naru2

1982年 東京生まれの34才、幼少時は母子家庭で育ち、さらに追い討ちで

中学生(14歳)の時に母親が他界。

成宮くんは高校進学は断念し、引越しのアルバイトなどで自ら生計を立て、

弟には毎日弁当を作り学校へ持たせるなど、献身的に面倒を見ました。

「中卒の自分に何ができるか」と考え、芸能界入りしたとされます。

さらには一時期ゲイタウンの新宿2丁目勤めも囁かれますし、バイ・セクシャルとも。

 

2001年頃から、メジャードラマにお目見えです、代表作は何かな~、

自分的には 『相棒』 の印象が強くて、いつも美青年なんですよね。

 

○ 成ちゃんの肉筆

naru

 

要約すると、

・ 信頼していた友人の裏切り、

・ プライベートなセクシャリティな部分への冒涜、

・ このまま間違った情報の拡散に耐えられない、

・ 芸能界を去る決断、

とまあ~こんな流れでしょうか。

 

○ TWITTERの皆さんの反応は・・・

 

「おいカスふらいでー成宮引退とか殺すぞ」

「金は儲かった? 証拠無くても書いちゃえばいいもんなお前らは」

「許されると思うなよ。廃刊しろ」

「今の年収の何十年分かくらいは賠償すべきでは?」

「陰性って出たじゃん。ふざけんな」

「人の人生歪めて楽しいですか?」

「人の人生を奪って得たお金で家族養ってるのか」

「デマでも悪質過ぎますよね」

「文春ごっこ楽しいか?」

「ふざけんな、責任とれよ」

「お前らほんとクズだな」

「みんなで力合わせてこの会社潰そうよ」

「この罪は一生許さない」

「何が楽しくて一人の人間の人生壊してんの?」

「チョーシのんなクソ雑誌が 廃刊しろや」

「死ね」

 

かつてのたけし軍団の襲撃なんて思い出しちゃいます。

ねるねるねるね、とか チャーリーってのは 何だったんでしょうね。

火のないところに煙は・・・なんて声も、聞こえてはきますが、

真相はいかに?でもあります。

お~こんな美しい成ちゃん、もう見納めって気分です。

そして皮肉な役どころです。 そう言えば 『不機嫌な果実』

でも危険な役柄でした。

 

○ おマトメ~~、一番 大事なのは弟さんの存在?

 

フライデーも商売、とは言え、ここまで追い詰められた立場の人がいるとすると、

行き過ぎた報道の功罪の是非を問わざるをえない、そんな感覚でしょうか。

 

成宮さん、苦労して弟を支援してきた。 若い頃 学歴の重要さを痛感し、進学も

面倒見てきた。 弟さんは、いい会社にお勤めとのこと。

 

一番守りたかったのは、弟さんだったのでは? 自分の個人的仮説にすぎませんが、

これからは心の平安を保って、幸福に過ごして頂きたい、

一個人として祈念申し上げます。

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - 芸能エンタメ, 雑記