インフルエンザ予防接種は効果ある?専門医の声を集めてみると…

   


Sponsored Link

今年もインフルエンザ、大流行の兆しを見聞きします。 そして決まって

予防接種ワクチンの呼びかけが高まりますが、近年ではその声を疑う声も

強まってます。 そもそもワクチンが完全に羅患を防ぐものではなく、

疾病した際、程度が軽く済むといった程度の認識しかありませんでしたが、

専門家はどう見るのか、少し調べてみました。

inful

○ ワクチンは効果ない?

ネットではワクチン推奨の声が多数派の様ですが、一方 「ワクチンは効果なし」

とか「副作用が危険」とのコメントも少なくない。

はたして真偽のほどは? 専門家のコメントを拾ってみました。

 

まずは、

1 日本臨床内科医会インフルエンザ研究班

2001年から15シーズンにおよぶ調査で効果を検証、データから

限定的ながら効いている、としています。 ワクチン接種者と非接種者を

追跡し、インフルエンザと判断された人の割合を比べたとのこと。

弱年 特に免疫の弱い幼児には効果大きいようです。

ただ過去6シーズン統計的に効果の薄い年もあったとのこと。

ワクチンは次のシーズンに流行ると予想されるウィルスに対して準備される

ため、外れると効果が小さいようです。

 

より医学的に厳密に追うとどうなるか、科学的に信頼度の高い臨床研究を

基に解析した「コクラン共同プロジェクト」というものがあります。

2 コクランレビュー

1人のインフルエンザを防ぐのに、71人がワクチンを打つ必要があると言う。

何だかわかりづらいですが、効果は限定的と結論付けている。

 

判断に迷うとこですが、こんな例えも参考にされてはどうでしょうか。

3 神戸大学医学部附属病院

ワクチンは、自動車のシートベルトと同じ原理と言います。

すなわち100%回避はできずとも、安全性は高まるというものです。

こうした見地で、ワクチン接種が得策とします・

また接種者が多い地域は、打たない人もインフルエンザにかかりにくいとの

研究もあるようです。 自らよりむしろ皆のためにもワクチンを打つべし、

なんて見方もあるわけですが、打たない選択や自由もあるわけで、ここまで

は酷でしょうね。 あくまで自分や家族の健康を守る、結果 他人の役

にも立つ、これくらいが健全なんでしょうね。

inful2

○ 原理的に限界を唱える声も・・・

4 「病気にならない暮らし事典」

ワクチンには効果なしとして、明確に反対を示す見解を打ち出してます。

推進派・反対派いずれも自説に好都合なデータ・論文の引用に偏重しがちと。

確かなエビデンスがない中、効果を信じる者は打ち、メリットを感じない

なら打たない、その程度のワクチンとのこと。

また安全性を問題視します。 多くのワクチン添加の保存料「チメロサール」

が有機水銀の化合物で、微量でも体内蓄積されると、その影響は未解明と

言います。

(自閉症との因果を騒がれた時期もあったようです、証明はないようですが)

 

現行ワクチンに原理的限界を、指摘する声はこちらです。

5 北里生命科学研究所

風疹や水ぼうそうなど、ウィルスが血液中に侵入するのであれば、

血中抗体を増やして効果が期待できる。

一方でインフルエンザはのど・気管など粘膜感染が通例で、血中侵入は

稀だと言います。 そうなるとワクチン注射で、血中抗体を仕込んでも、

粘膜の抗体までは増やせず、感染の未然防止に至らないとのこと。

現在「スプリット・ワクチン」という、ウィルスをばらしたものを使う

様です。 生ウィルスを弱毒化し、そのまま使う「生ワクチン」、

殺ウィルス使用の「不活化全粒子ワクチン」、に対し発熱など副作用は

少ない様ですが、効果は弱まるとも。

 

う~~ん 賛否が色々なんですね。 その他、周囲に移さない意味でも

推奨派と、医師の説明を十分に受け、ご自身よく調べて決めるべきとの

中立派と、様々です。 乳幼児の発症防止効果は3~5割とも言います

から、効けばラッキーくらいの捉え方が良いのでしょうかね。

(8~9割は効くんだろうって思い込んでる方、多いみたいです。)
inful3

 

○ インフルエンザ・ワクチンは儲かるもの?

冬は開業医の稼ぎ時、収支をザックリ概算を追ってみます。

 

接種料金 : 3,000円

仕入れ値 : 1,500円

1日10人に打てば、30,000円、1ヶ月で900,000円、粗利450,000円ですね。

諸経費・人件費も所要ですから、割り引いても、経済事情からもワクチンを

勧める町医者が多いとされる事情もわかる気がします。

 

ま~諸説あるわけですが、日常の留意(うがい、手洗いの励行)、快眠快食、

心身共に健全に、元気にいきたいものです。

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - 健康, 雑記