バロンドール2016発表はクリロナ、歴代もメッシも燦然と輝く#

   


Sponsored Link

12月13日 バロンドールが発表、今年はクリスチャン・ロナウドが返り咲きです。

あらためまして、今年の候補者30名の順位、歴代受賞者、その中からお気に入り

ランクで紹介させていただきます。

 

○ 2016バロンドール候補者30人の順位から

同賞は1956年に始り、2010年にはFIFA年間最優秀選手賞と合体しました。

2007年から、全世界の選手が対象となってます。

ジャーナリストが一人一票の投票結果、今年の順位は以下です。

crirona

1位:クリスティアーノ・ロナウド(745ポイント)

2位:リオネル・メッシ(316ポイント)

3位:アントワーヌ・グリーズマン(198ポイント)

4位:ルイス・スアレス(91ポイント)

5位:ネイマール(70ポイント)

6位:ギャレス・ベイル(52ポイント)

7位:リヤド・マフレズ(51ポイント)

8位:ジェイミー・ヴァーディ(22ポイント)

9位:ペペ(8ポイント)

9位:ジャンルイージ・ブッフォン(8ポイント)

11位:ピエール・オーバメヤング(7ポイント)

12位:ルイ・パトリシオ(6ポイント)

13位:ズラタン・イブラヒモヴィッチ(5ポイント)

14位:ポール・ポグバ(4ポイント)

14位:アルトゥロ・ビダル(4ポイント)

16位:ロベルト・レヴァンドフスキ(3ポイント)

17位:ディミトリ・パイェット(1ポイント)

17位:トーニ・クロース(1ポイント)

17位:ルカ・モドリッチ(1ポイント)

20位:セルヒオ・ラモス(0ポイント)

20位:アンドレス・イニエスタ(0ポイント)

20位:コケ(0ポイント)

20位:ディエゴ・ゴディン(0ポイント)

20位:ウーゴ・ロリス(0ポイント)

20位:セルヒオ・アグエロ(0ポイント)

20位:ケヴィン・デ・ブライネ(0ポイント)

20位:トーマス・ミュラー(0ポイント)

20位:マヌエル・ノイアー(0ポイント)

20位:ゴンサロ・イグアイン(0ポイント)

20位:パオロ・ディバラ(0ポイント)


クリ・ロナ、大差で突き抜けました、4度目の受賞です。

(これまで最多はメッシの5回)

EURO欧州選手権では、素晴らしいキャプテンシーでポルトガルを初優勝に導き、

UEFAチャンピオンズ・リーグでも優勝・得点王、実績も抜きん出た感じですかね

 

○ バロンドールの歴代受賞者を並べてみた

barondoll

2016年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)

2015年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)

2014年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)

2013年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)

2012年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)

2011年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)

2010年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)※FIFAバロンドール

2009年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)

2008年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・U)

2007年 カカー(ブラジル/ミラン)

2006年 ファビオ・カンナヴァーロ(イタリア/ユヴェントス)

2005年 ロナウジーニョ(ブラジル/バルセロナ)

2004年 アンドリー・シェフチェンコ(ウクライナ/ミラン)

2003年 パヴェル・ネドヴェド(チェコ/ユヴェントス)

2002年 ロナウド(ブラジル/レアル・マドリード)

2001年 マイケル・オーウェン(イングランド/リヴァプール)

2000年 ルイス・フィーゴ(ポルトガル/レアル・マドリード)

1999年 リヴァウド(ブラジル/バルセロナ)

1998年 ジネディーヌ・ジダン(フランス/ユヴェントス)

1997年 ロナウド(ブラジル/インテル)

1996年 マティアス・ザマー(ドイツ/ドルトムント)

1995年 ジョージ・ウェア(リベリア/ミラン)

1994年 フリスト・ストイチコフ(ブルガリア/バルセロナ)

1993年 ロベルト・バッジョ(イタリア/ユヴェントス)

1992年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)

1991年 ジャン・ピエール・パパン(フランス/マルセイユ)

1990年 ローター・マテウス(ドイツ/インテル)

1989年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)

1988年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)

1987年 ルート・フリット(オランダ/ミラン)

1986年 イゴーリ・ベラノフ(ソ連/ディナモ・キエフ)

crirona2

1985年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)

1984年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)

1983年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)

1982年 パオロ・ロッシ(イタリア/ユヴェントス)

1981年 カール・ハインツ・ルンメニゲ(西ドイツ/バイエルン)

1980年 カール・ハインツ・ルンメニゲ(西ドイツ/バイエルン)

1979年 ケヴィン・キーガン(イングランド/ハンブルガーSV)

1978年 ケヴィン・キーガン(イングランド/ハンブルガーSV)

1977年 アラン・シモンセン(デンマーク/ボルシアMG)

1976年 フランツ・ベッケンバウアー(西ドイツ/バイエルン)

1975年 オレグ・ブロヒン(ソ連/ディナモ・モスクワ)

1974年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)

1973年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)

1972年 フランツ・ベッケンバウアー(西ドイツ/バイエルン)

1971年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)

1970年 ゲルト・ミュラー(西ドイツ/バイエルン)

1969年 ジャンニ・リヴェラ(イタリア/ミラン)

1968年 ジョージ・ベスト(北アイルランド/マンチェスター・U-)

1967年 アルベルト・フローリアン(ハンガリー/フェレンツ・ヴァーロシュ)

1966年 ボビー・チャールトン(イングランド/マンチェスター・U)

1965年 エウゼビオ(ポルトガル/ベンフィカ)

1964年 デニス・ロー(スコットランド/マンチェスター・U)

1963年 レフ・ヤシン(ソ連/ディナモ・モスクワ)

1962年 ヨゼフ・マソプスト(チェコスロバキア/ドゥクラ・プラハ)

1961年 オマール・シヴォリ(イタリア/ユヴェントス)

1960年 ルイス・スアレス(スペイン/バルセロナ)

1959年 アルフレッド・ディ・ステファノ(スペイン/レアル・マドリード)

1958年 レイモン・コパ(フランス/レアル・マドリード)

1957年 アルフレッド・ディ・ステファノ(スペイン/レアル・マドリード)

1956年 スタンリー・マシューズ(イングランド/ブラックプール)

 

近年は クリ・ロナとメッシの寡占状態ですが、かつては連覇も珍しかった。

懐かしい名前に、涙が出ます。

 

○ 目に焼き付けてほしい、オススメの名選手

 

全て名手に決まってるんですが、完全に好みです、ボキにはこの3人!

・ ヨハン・クライフ

 

・ ミッシェル・プラティニ

 

・ ジネディーヌ・ジダン

 

どうでしょか、サッカーも日々進化、これからも目を離せない。

まず日本代表、ロシアでも躍進ですよ!

 

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - イベント, サッカー, スポーツ