クラブワールドカップ2016決勝速報、レアル貫禄勝ち、鹿島善戦!

   


Sponsored Link

2016 FIFAクラブ・ワールドカップ決勝が熱戦でした。

速報で取り急ぎ、お伝えします。

fifa2016

 

○ 決勝のスタメン

レアル・マドリード

GK:ケイロル・ナバス

DF:ダニエル・カルバハル

DF:ラファエル・ヴァラン

DF:セルヒオ・ラモス

DF:マルセロ

MF:カゼミーロ

MF:トニ・クロース

MF:ルカ・モドリッチ

FW:クリスティアーノ・ロナウド

FW:カリム・ベンゼマ

FW:ルーカス・バスケス

 

鹿島アントラーズ

GK:曽ケ端 準

DF:西 大伍

DF:植田 直通

DF:昌子 源

DF:山本 修斗

MF:小笠原 満男

MF:永木 亮太

MF:遠藤 康

FW:柴崎 岳

FW:金崎 夢生

FW:土居 聖真

 

○ 試合経過はこちら。。

 

12月18日 【決勝】キックオフ時間:19時30分

鹿島アントラーズ(日本)vsレアルマドリード(スペイン)

前半:1-1

後半:1-1

延長:0-2

0-0

合計:2-4

 

【得点者】

前半09分:ベンゼマ

前半44分:柴崎岳

後半07分:柴崎岳

後半13分:ロナウド(PK)

延長7分:ロナウド

延長13分:ロナウド

 

○ ゲームの所感とポイント

 

前半早々ベンゼマに失点を喫し、レアル祭りの幕開けかと懸念されましたが、

杞憂に終わってホッ。レアルは、いつでも点が取れる、といった余裕や油断が

生じたのかもしれません。

アントラーズはポゼッションで圧倒的に劣勢に立たされながらも、要所は締めて、

失点を許しません。

 

むしろ時折見せるカウンターに牙を見せます。

そうした中、柴崎が前半終了間際にバイタルエリアでこぼれ球を佐脚ボレー、

1-1の同点で後半を迎えます。

 

その後 後半立ち上がってゲームも落ち着きかけた頃、またも柴崎が、今度は

ペマルティエリア外から、ミドル・シュートこちらも決まって、2-1

アントラーズのリード。柴崎 神ってます。

 

ジャイアント・キリングの体現を彷彿とする中、レアルにPK、これを

ロナウドがキッチリ決めて2-2の同点です。

GK曽ヶ端もあごってる、いや神ってる。

いよいよ目が離せない展開です、延長に突入しました。

世紀の大番狂わせなるか!?

○ 延長の攻防

さあ、クラブ世界一を決する大一番、延長前半7分 一瞬の空白

ロナウドがスルーパスに抜け出して、勝ち越し 3-2、

さすが役者の違いと言ったとこでしょうか。

興奮冷めやらぬ中、13分もロナウド連続得点、この大舞台で

ハットトリック、スコアは4-2、勝負あったと言うとこでしょう。

○ おマトメと総括

アントラーズ善戦しましたが、世界いやレアルの壁は厚熱かった。
一時はリード、まさか?と夢を見させてくれました。

列強にひるまない、長日の進化は見せたと思います。

ただここからが遠い、勝負の神は細部に宿る、

日本サッカー界の宿題、選手だけじゃない、ファンも含め、

さらなる希望を見出した一戦でした。

レアルも鹿島も ありがとう~~!!

 

 

こちらも、お楽しみを。。


この人は偉大です。。

バロンドール2016発表はクリロナ、歴代もメッシも燦然と輝く#

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - イベント, サッカー, スポーツ