転職は職務経歴と面接準備が肝要、自己PRと心構えはこう乗切る!

      2017/09/23


Sponsored Link

今や 転職は当たり前だのクラッカー? 活動のポイントをまとめてみたので、参考にしてもらえればです。 面接へのメンタリティや

職務経歴・自己PR等、ポイントを列記しました。。

 

Ⅰ まずは3大要素の定義から

・自己PRとは?

応募企業およびポジションに対しての自分の適合度の証明。

 

・志望動機とは?

自分がその企業・ステージを必要とする理由。

自分のこれからの成長の構成要素。

 

・転職理由とは?

前の企業では人生的な目標が実現できない理由。

裏返すと志望動機になる言葉。

Ⅱ 3つの要素で書くべきこと

 

・自己PRは3つ

1.実績   自分が何をやってきたか

2.困難   どのような阻害要因を乗り越えた経験を持っているか

3.要約   一般的な言葉で言って、1と2を実現した自分には《何力》があるのか

 

・志望動機も3つ

1.過去  何故前の企業を選んだのか

2.未来  将来的にどうなりたいのか

3.現在  今、何故応募する会社で勤める事を求めるのか

Sponsored Link

 

・転職理由は2つ

1.転機  転職を思い立ったきっかけ・原因

2.対処  原因の解消のために自分なりに実施した行動

 

Ⅲ 転職活動の重要要素のまとめ

 

・応募書類を書く前に面接ストーリーは完成させる

・自己PRは実績・困難・要約

・志望動機は過去・未来・現在

・転職理由は転機・対処

 

1 自己PRとは何だったか。

応募企業およびポジションに対しての自分の適合度の証明だ。

何を表現すべきだったか。

1.実績: 自分が何をやってきたか

2.困難: どうような阻害要因を乗り越えたのか

3.要約: 1と2ができる自分の《力》とは何か

自己PRの実績の表現方法のまとめ

・実績は定量的に表現しよう

・パーセンテージを効果的に使おう

・カテゴリを区切れば、自分はいつでもベスト3に入れる
自己PRを問われたら、その人の実力を引き出す本質的な質問だ。

本質とはなにか?これらは何を探っているのか? 強く意識せよ!

Sponsored Link

 

注1 ネガティブな質問には2つの確認ポイントがある

  困難を自己PRに変えるまとめ

・困難だった経験にその人の実力が隠れている

・PDCAを回せた経験が語るべきストーリー

・成功した要因は気持ちの問題やマグレじゃないか?

 もう一回再現できるかい?って問われてると心得よ!

・自己PRを要約するまとめ

・エピソードを広げた後に、一番効果的だったアクションを拾う

・そのアクションをイメージできる単語にすると要約が完成

こうした会話展開になるように書類に罠を仕掛ける

前提として、貴殿の能力を3つ表現する事を目標にして欲しい。

それを証明可能なエピソードを思い浮かべつつ

  •  要約結果 例

Aさん:ガッツ、やる気、達成意欲、スピード感

Bさん:冷静、仮説構築力、(スタイルを変えるという)決断力

現状とそれまで収集した情報を駆使してゴールへの最短距離を見出す力です。

具体的には~の、補足・アピールを忘れずに

わかりやすい入り口としてエピソードを広げた後で要約する事が有効です。

 

いかがでしょう、ぜひ参考にして頂いて、見事内定を勝ち取って下さい。

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - 勉強, 雑記