キッチンを使いやすくする収納方法、グッズとポイントを整理した#

   


Sponsored Link

毎日使う場所なので、最初の片付けはキッチンからなんて言います。

スッキリ片付いたら、効果は絶大です。 調理器具・食品・食器等々、収納する

アイテムは限られ、比較的片付けに取りやすい場所ですね。 とりわけ食品は

賞味期限があるので、「捨てる」訓練にも、うってつけのアイテムと言えます。

基本 使っていないグッズは処分し、余裕を持った収納にすると、出し入れも

しやすくなって調理の作業効率も格段に向上するというもの、以下のポイント

を参考にして頂ければです。

 

○ キッチン収納のポイント3点

1 動線と使用頻度を意識

「コンロで炒める」や「作業台で材料を切る、下味をつける」等、どこで何を

するか意識して収納することです。 例えば「シンクで野菜を洗う」のなら、

ボウルやザルはシンクの下とか、使用場所の近くにしまうなどすると、使いやすさ

は格段に向上します。 特に使用頻度の高いものを最優先に使いやすい場所

への収納を心掛けましょう。

 

2 出し入れしやすく、ゆったり収納

調理中は多くのものを使うもの。 一つ一つ出し入れしづらいと、ムダに

時間を浪費して、イライラが募ります。 とにかく出し入れをスムーズに

ゆったり収納を意識しましょう。

 

3 よく使うものは グループ収納

使う目的ごとにグループにして収納すると、より使いやすくなります。

例えばお弁当のカップ、ピック、デコ弁など、お弁当関連品を、バラバラに

することなく、カゴなどにまとめて収納すると、取り出しが簡単で、

お弁当作りがスムーズに進みます。

 

○ 収納グッズを選ぶポイント3点

 

1 「四角い」形を選ぶべし

角が丸いものや、底が狭まっているものなど、ムダなスペースが生じて、

収納量を少なくしてしまいます。 収納はキッカリ四角いものを選ぶのが

原則です。

 

2 色は「白」を選ぶべし

収納するものが様々な色合いとなりましょうから、カゴや容器は白系や透明もので

統一すると、中身も見やすくて、見た目の印象もグッとスッキリ致します。

 

3 キチンと測って選ぶべし

「これいいかも」って、つい衝動で買ってしまいがちですが、サイズが合わなくて

せっかくの収納グッズがムダになることって、意外に多いもの。 面倒でも

一手間、収納したいもの、収納場所をキチンと測って、メジャー持参で買い出しに

出かけて下さい。

○ 鉄板 オススメ収納グッズを幾つか

 

1 ストッカーボックス (A4)

書類用のストッカーは、高さ・奥行き十分で、フライパンやフタ、軽めの鍋等を

立てて収納するのにもってこいです。 他にも液体調味料やボトル類も収まりよく

大活躍してくれます。

 

2 キッチントレー (スリム・ワイド)

100均等にあるシンプルなプラケースです。仕切りの巾も≒2cmピッチで

調整が可能で、入れるものに合わせて移動が可能です。そもそも洗いやすいので、

汚れやすい、キッチン収納にイケてますね。

 

○ おまとめ

いかがですか、お片付けや、お掃除の類は、気が重いですね。 でも一度に

あれもこれもと欲張らず、できることからで良いんです。

いずれ習慣づけ、普段から整理整頓を意識して取り組んで行きたいですね。

大掃除は終了してるかと思いますが、参考にしてみてもらえればです。

 

併せてこちらの記事なんて、如何ですか??

料理動画サービスが人気 評判のアプリで特長を比較してみたさ#

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - お役立ち, 雑記