スノボ初心者の持ち物や道具選びはコレ、動きやすくカッコよく♪

   


Sponsored Link

ウィンターシーズン到来、根強い人気のスノーボード。 スピード感とかスマートさ

とか若者イメージが強いものの、老若男女 皆さんが楽しめます。

まずは道具選び、全てスキー場でのレンタルが可能とは言え、自分の道具があれば、

愛着や熱意も変わってきます。 早速ご紹介です。

 

○ ウェア

スキー用でもいけますが、スノボではボードのエッジから、ウェアを守るガードが、

かかとに付いているのが望ましいです。 定番で人気は、

 

男性: 太すぎず細すぎないレギュラーが良し、

 ベージュやカーキのアース系がオススメでしょう。

 

女性: スタイリッシュなスリムフィットが可愛い、

 オレンジやレモンなどビタミン系のカラーが人気です。

%ef%bd%bd%ef%be%89%ef%be%8e%ef%be%9e

○ サイズ選び

インナーとプロテクターを一緒に試着するのがポイント。

スノボは自由な動きが多くて、以下のポイントに注意です。

 

・上着は腕を前に交差するなど、つっぱり感がないこと。

・腕を上げた時にへそが出ないこと。

・ズボンは無理なく屈伸が可能か。

 

○ ボード

長さも巾も短いほうが操作しやすく、地面に立ててあごの高さがベストと言われます。

素材はプラスチックより、天然素材が、操作性が高く軽くてオススメです。

 

またリフトでは片足で板をぶら下げるので、軽さは大事です。

価格は1万5千円程度から、上等品は10万するものまで、ピンキリです。

%ef%bd%bd%ef%be%89%ef%be%8e%ef%be%9e%ef%bc%92

○ ブーツ

足の実寸から0.5~1cm大きめを選ぶのが定石です。

厚手のソックスもはきますしね。 やはり確認ポイントは以下。

 

・足首が曲がるか

・カカトが浮かないか

・つま先が当たりすぎないか

 

ブーツの締め方で、主流はダイヤル式とクイック式。

ダイヤル式の方が力は必要ないです。

 

○ ビンディング

ボードとブーツを固定するので、相性が大事、同メーカーが間違いなく、推奨です。

 

デッキパッドも必須、板の附属品で、リフトの乗降時などスケーティングする際、

固定されていない方の足を乗せるものです。

 

ブーツとビンディングをつなぐ、リーシュコードもマナー考えて必ず付けたいです。

 

↑ イメトレ用です!

 

○ おマトメ

 

さあ ウェア、板、ブーツと3点セットを揃え、スキーよりもかさばらない、

(書を捨てて)雪山に繰り出してみましょう! (はよ 滑りたいね~~)
ちょっとコチラも応援しちゃいましょ ↓

高梨沙羅のクッキリ二重がかわいい、平昌で頂点を極めメダル磐石!

 

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - お役立ち, スポーツ