スノボ初心者の準備 ボードとウェアは最低限、ここに注意してGo!

      2017/01/10


Sponsored Link

スノボ・シリーズ 第2弾、ゲレンデに発つ前に、これだえは注意ってことで、

もう一度ポイントをおさらい、参考にして下さい。

 

○ BOARDのポイント

 

・サイズ・素材の選び方

まあ短い方が扱いやすいです。 立てて顎くらいの長さを目安ににしましょう。

軽くて柔らかい天然素材がおすすめです。

 

・2つのスタンス

進行方向に向かって、左前=右利き用をレギュラー、

右前=左利き用をグーフィー、と言います。

前足部分に、流れ止めの リーシュコードを忘れずに。

 

・ビンディング

ボードとブーツのフィットを最優先に、同一メーカーがベターです。

デッキパッド(スケーティング時、固定されていない側の足乗せ)もお忘れなくです。

 

・板の形状

U字にカーブ(縦側)した「ロッカー」が、接雪面が狭く転びにくいので、

初心者向きです。

○ Bootsのポイント

 

 ・サイズの計測

立って体重を乗せた状態で測る。 試着は必ずかかとで合わせましょう。

 ・靴下は化学繊維品がベスト

2枚履きなどは、避けましょう。

 

 ・手軽なダイヤル式を選ぼう

クイック式を避け、締め上げに、力をあまり要さないダイヤル式が良いです。

 

○ Wearのポイント

 

 ・ゴーグルは暖色系から

景色が見通しやすいので暖色系から揃える。

頭部の保護に、キャップも準備しましょう。

 

・中に着るもの

下着の上にジャージやパーカ、タイツを着る。

 

・サイズ選び

背中やひざ、お尻に、つっぱりがないことを確認する。

 

・手袋は防水一番

一番 濡れやすい手袋、防水性の高いものを選びましょう。

ボードのエッジからも、手を守ってくれるもの、心して選びたいです。

 

・タグの数字

これは快適さの指標です。

耐水性5000以上、透湿性(乾きやすさ)4500以上のものを目安とします。

 

・プロテクターも装備

ひざと尻をガードするプロテクターも初心者は必須です。

 

○ マトメ

準備が面倒だったりしますが、いざ行くとなると道中から楽しいものです。

滑り始めたら、もう病みつき、楽しんじゃって下さいね~~。

 

 

こちらの記事も、参考にして頂ければです。。 ↓↓

スノボ初心者の持ち物や道具選びはコレ、動きやすくカッコよく♪

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - お役立ち, スポーツ, 雑記