第24回 一筆啓上賞の作品にしみじみ、大賞5編を味わってみる♪

      2017/01/30


Sponsored Link

日本一短い手紙のコンクールでおなじみ、丸岡文化財団(福井県坂井市)が2017年1月27日(金)、

「第24回一筆啓上賞」の大賞を発表しました。

ちょっとしんみりしちゃうような、たまには、ほのぼのしちゃいましょう♫

 

○ 第24回 一筆啓上大賞 5作品

今年のテーマは「ごめんなさい」大賞と言いつつ、5作なんですね(1作でなく)、なんてツッコミは置いといて、

応募総数44,348通の中からの精鋭、声に出して、読んでみて下さい (笑)

一筆啓上

 

やさしかったお父さんへ

「臨終の床、涙のごめんなさいに一瞬甦(よみがえ)って私を見つめたね。

 無言の許しだったと信じます」  =兵庫県川西市、久保さん(62)

 

お母さんへ

「お母さん、ごめんなさい。実は私一番好きなのは、ばぁちゃんなの。」

=福井県坂井市、上杉さん(9) 小3

 

旦那へ

「貴方(あなた)を驚かせようとコツコツ貯(た)めたへそくり。貯まりすぎて

 一生言えないごめんなさい。」  =東京都江戸川区、高下さん(50)

 

ママへ

「『ごめん』ってぼくの口はあかないんだ口に力が入って。

 手に力を入れて書くよ。ごめん」 =千葉県野田市、佐藤さん(7) 小2

 

家族のみんなへ

「いつもわがままでごめんなさい。でも本当の自分はもっとわがまま。」

=福井県坂井市、大井さん(8) 小3

 

○ 都道府県別 応募数、トップ10は?

ちなみに各県 応募状況は、こんなです。

1 福井県 13,658通

2 福岡県 2,513通

3 兵庫県 2,286通

4 東京都 2,162通

5 大阪府 2,082通

6 千葉県 1,589通

7 愛知県 1,478通

8 静岡県 1,152通

9 埼玉県 1,077通

10 福島県 1,073通

 

さすがお膝元、福井では、学校あげて応募されてるかもですね。

 

○ しみじみ 感動~~

 

他には 秀作が10編、住友賞ってのが20編、坂井青年会議所賞 5篇、

佳作が138編、選出されます。 何気ない日常の一コマ、少しうるっと来るような、

 

大賞は小学性と年配者が独占、10代~中年世代が寂しいような、あまり感心ないのかな。

言霊なんて言います、たまには心通わせ、近親の大切な人に、素直になって、こんな

言葉かけてあげたいですね、まずは 隗より始めよ? ですね、それでは。

(ごめんなさいって、なかなか言えないんですよね~~)

 

↓ こちらなんて、どうですか?

シルバー川柳2016がオーモロー! もののあわれをしみじみ楽しむ

 

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - イベント, 本・書籍, 雑記