藤村俊二『おひょいさん』が82才で訃報、死因や晩年の様子も調査

      2017/02/10


Sponsored Link

「おヒョイさん」こと俳優の藤村俊二さんが1月25日、心不全のため死去された

そうです。 1周間前にお亡くなりになってたんですね。

 

ダンディで明るいお人柄、2015年12月 日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」

のナレーターを降板し、その後は実質 芸能界は引退状態でした。

 

1934年12月8日生れ、永眠は2017年1月25日(満82歳没)

出生地 神奈川県鎌倉市です。

 

○ 晩年のご様子

ohyoi

 

「どこかが悪いというわけではないが、“思うように仕事が出来ないまま、皆さまの

前に姿を見せたくない”と言っている」ってことで、一線を引いた様ですが、

 

体調や病状は、あまりすぐれず、原因は不明ながら、ここ数ヶ月、入退院の療養を繰り返していたそうです。

 

○ 『ぶらり途中下車の旅』のナレーション

 

滝口順平の死去に伴い2011年から担当していた『ぶらり途中下車の旅』の

ナレーターも、2015年10月24日放送分からは太川陽介や林家たい平、石丸謙二郎らが

週替わり(代役)でナレーターを務め、現在は小日向文世さんが、定着ですね。。

 

旅人も阿藤快、太川陽介、小島奈津子さんとか、ほんわかモード、土曜朝の9:30

日テレでチャンネル合わせて、週末が始まるって感覚でした。

「藤村俊二」の画像検索結果

○ 南青山 バー「O'hyoi's」(オヒョイズ)も懐かしい

 

一度だけ友人と訪れたのですが、バーも経営してました、私はお会いできませんでしたが。

いわゆる芸能人さんは名義貸しオーナーの形が多いですが、藤村さんは仕事の合間を縫って

店に立つなど、実際に現場での経営を行っていた様です。

また、この店では「お客様にサービスするのが当たり前だから」という理由でサービス料は

設定していなかったとう言うのも有名なエピソード。 飲食店の鏡!

2010年12月に閉店、シックで落ち着いた 情緒あふれるバーでございやした。

 

○ おマトメで 合掌

 

文字通り あのヒョウヒョウとした、軽妙な演技はもう見られない。

晩年は「執事役が似合う芸能人」としても、話題に挙がることもあったオヒョイさん、

(ちなみに『黒執事』に登場するキャラクター・タナカのモデルは藤村でっせ)。 デスノートでは、ワタリ役を 演じられましたね。

昔のぴったしカンカン、久米宏さんとの、やり取りも楽しかった。

 

何か実生活ではいそうなようで、なかなかいないですよね、こういう方、

82才は大往生、安らかにお眠り下さい~、松方弘樹さんに続き、

また昭和が一つ潰えました。。

こちらも懐かしい、当時 素人さんチームとの対戦でした。。

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - 芸能エンタメ, 訃報, 雑記