『野村メソッド』ノムさんの新刊、名言語録から人生や勝負を考えた

   


Sponsored Link

 

日本の球界、名称として第一人者の野村克也さん、2017年も新刊を出版されてます。

 

『 最強の組織をつくる 野村メソッド 』

野村 克也 著  彩図社 税込み1,500円

 

「弱者の集団」が「戦う集団」に変わる!

野村流〝組織論〟を100のメソッドで語る決定版!ってことで、また名言満載、

ぜひご紹介させて下さい~ってことで。

 

○ 野村メソッドの内容

 

Nomura

ネタバレ注意ってほどじゃありませんが、以下が概要となります。

 

「オレはいつも弱いチームばかり監督してきた」といつものボヤキ節から…。
南海ホークス、ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、楽天ゴールデンイーグルス……。
チームがどん底の状態で監督を引き受け、辣腕を奮ってチームや選手を再生させてきた

名将・野村克也。 野村再生工場とは言い得て妙なり。
なぜ、野村は負け癖のついたチームや選手の意識を変えて、戦う集団をつくりあげる

ことができたのか? その哲学を、

「組織の編成法」「意識改革」「リーダーの条件」「指導者の役割」「人材育成」

などテーマ別にわけて、惜しみなく紹介と言う訳です。
「中心なき組織は機能しない」

「データが選手を説得する」

「信は万物の基となる」

「分を知って分を生きる」

「『和して動せず』を貫け」……、等々 実績からも納得の重み、

その組織づくりの考え方はプロ野球のみならず、ビジネスの現場にも相通ずるものですね。
野村流〝組織論〟を100のメソッドで読み解く。

野球ファン、そして、ビジネスマン必携の一冊! 世の中のリーダー諸氏や、スタッフの

皆さんまで、読まずにいられないでしょ!?

 

○ お若い方に、ノムさんの略歴も少々

「野村克也」の画像検索結果

京都 峰山高校を卒業後、1954年に最初はテスト生として南海ホークスにご縁。

3年目の1956年からレギュラーに定着すると、現役27年間にわたり球界を代表する

捕手としてご活躍でございます。

歴代2位の通算657本塁打、戦後初の三冠王などその強打で数々の記録を打ち立て、

不動の正捕手として南海の黄金時代を築かれました。

 

その後、70年の南海でのプレイングマネージャー就任以降、延べ4球団で監督を歴任。

他球団で挫折した選手を見事に立ち直らせ、チームの中心選手に育て上げる手腕は、

「野村再生工場」と呼ばれ、 ヤクルトでは「ID野球」で黄金期を築き、楽天では球団初の

クライマックスシリーズ出場を果たすなど、輝かしく確かな功績を残されました。

現在は野球解説者としておなじみ、講演会等々でも活動の場を拡げております。

そんな訳で、人生にも一家言、出版書籍は数多でございやす。

 

○ 過去の名言数々も、動画でもどうぞ

心に染み入る感じ、良く味わって、日々に活かしたいものです。

どうでしょか、 私 自ら戒め、律する気分でございます。 続いてこちらも・・・

 

↓ 毛色変わって、こんな書籍も、いかがでしょうか?

内舘牧子の『終わった人』を読んで、『鷹の選択』を想起した僕!

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - やる気 元気, スポーツ, 人間関係, 勉強, 名言, 本・書籍, 野球