WBC2017侍ジャパンメンバーと、日程や組合せ、見所を整理した

      2017/09/16


Sponsored Link

野球の国別対抗戦、第4回ワールドベースボールクラシック(WBC)が3月に開催、

言わばワールドカップ、楽しみですね。 前回大会は3連覇を逃した日本代表・

侍ジャパンですが、今回 小久保裕紀監督の下で、王座奪回に挑みますことは、

周知のところかと思いますが、大谷選手の離脱には驚きました。

 

メンバー発表から落ち着いたとこで、試合日程とか諸々整理してみます。

 

○ 2017WBC 最終メンバー (昨シーズン成績も)

侍JPN

 

《 投手 》

松井裕樹(楽天)  1勝4敗30S 10H 防御率3.32

菅野智之(巨人)  9勝8敗 防御率2.01
  (セ・リーグ最優秀防御率、最多奪三振)

秋吉亮(ヤクルト)  3勝4敗19S 10H 防御率2.19

則本昂大(楽天)  11勝11敗 防御率2.91
(パ・リーグ最多奪三振)

宮西尚生(日本ハム) 3勝1敗2S 39H 防御率1.52

藤浪晋太郎(阪神)     7勝11敗 防御率3.25

増井浩俊(日本ハム) 10勝3敗10S 防御率2.44

石川歩(ロッテ)  14勝5敗 防御率2.16

岡田俊哉(中日) 3勝1敗13H 防御率3.20

牧田和久(西武)  7勝1敗25H 防御率1.60

千賀滉大(ソフトバンク) 12勝3敗 防御率2.16

平野佳寿(オリックス)  4勝4敗8H31S 防御率1.92

武田翔太(ソフトバンク)  14勝8敗 防御率2.79

 

《 捕手 》

小林誠司(巨人)   打率 .204  4本 35打点

大野奨太(日本ハム)  打率 .245  5本 35打点

嶋基宏(楽天)  打率 .271  2本 17打点

 

《 内野手 》

田中広輔(広島)  打率 .265 13本 39打点28盗塁

中田翔(日本ハム)  打率 .250 25本 110打点
  (パ・リーグ打点王)

松田宣浩(ソフトバンク)  打率 .259 27本 85点

菊池涼介(広島)  打率 .315 13本 56打点 13盗塁

坂本勇人(巨人)  打率 .344 23本 75打点 13盗塁
  (セ・リーグ首位打者)

山田哲人(ヤクルト)  打率 .302 38本 102打点 30盗塁

 

《 外野手 》

内川聖一(ソフトバンク)  打率 .304 18本 106打点

青木宣親(アストロズ)  打率 .283 4本 28打点 7盗塁

平田良介(中日)  打率 .248 14本 73打点 4盗塁

秋山翔吾(西武)  打率 .296 11本 62打点 18盗塁

鈴木誠也(広島)  打率 .335 29本 95打点 16盗塁

筒香嘉智(DeNA)  打率 .322 44本 110打点
  (セ・リーグ本塁打王、打点王)

 

28名全員が決定。 メジャーからは、青木選手のみ。

実質 主将は前回経験の坂本選手が牽引するのでしょうか。

ダルやマー君、前健 等々、大リーグ組みが、加勢されたら?

ってのは 贅沢でしょうかね。

大谷選手不在は痛いですが、全員野球で跳ね返してくれるでしょう!

Sponsored Link

 

○ 大会概要

 

・期間:2017年3月7日(火)~22日(水)

 

《 出場国 》   (会場)

POOL A  韓国、台湾、オランダ、イスラエル  (ソウル)

POOL B  日本、キューバ、中国、オーストラリア (東京ドーム)

POOL C  アメリカ、ドミニカ共和国、カナダ、コロンビア (マイアミ)

POOL D  メキシコ、プエルトリコ、ベネズエラ、イタリア (グァダハラ)

 

1次ラウンドは4つのプール(グループ)にそれぞれ4ヶ国が入り、それぞれの

プールから上位2ヶ国が2次ラウンドに進出できる。

 

2次ラウンドは2つのプールにそれぞれ4ヶ国が入り、それぞれのプールから

上位2ヶ国が準決勝に進出します。

準決・決勝は 3/20~22 ロスが舞台での決勝ラウンドです。

 

○ 日本の1次ラウンド

 

2017年3月7日(火) 19:00  日本 vs キューバ

2017年3月8日(水) 19:00  日本 vs オーストラリア

2017年3月10日(金) 19:00 日本 vs 中国

うわ~~ いきなりキューバとマッチメイクなんですね、初戦から厳しい。

2次に進むと、日本はAプール勢を交え、韓国辺りは、今回も警戒です。

↓ こちら強化試合の様子です、 大谷ショックは振り払え!

○ あえて野手のスタメンを予想

 

1番 セカンド 山田哲人選手

2番 センター 青木宣親選手

3番 ショート 坂本勇人選手

4番 ファースト 中田翔選手

5番 レフト 筒香嘉智選手

6番 ライト 鈴木誠也選手

7番 DH 内川聖一選手

8番 サード 松田宣浩選手

9番 キャッチャー 嶋基宏選手

 

この辺りになりますか。

Sponsored Link

 

○ 今回は打高投低のチーム編成?

こちらは昨秋 強化試合の結果を、サイトより拝借させて頂きました。

打ちも打ったりですが、失点もこのレベルにしては酷い様な・・・。

使用ボールが適応性とか、シーズン後の調整不足とか、指摘ありましたが、

万全の準備で臨んでもらいたいですね。
【 2016秋 強化試合 主要成績 】

  • 打率.272 本塁打4 打点33 出塁率.422 長打率.456 OPS.878
  • 防御率5.92 失点29 自責25 被安打42 四死球14 奪三振35

侍ジャパンの強化試合の打撃成績一覧

打線も概要眺めて、大谷選手は置いといて、坂本・筒香・鈴木の中軸は、期待通り。

逆に内川・中田・松田の低迷は物足りない。 ポテンシャルの高い選手だから、

今回は持ち直して、目覚ましい一打を期待してます。

 

○ 侍ジャパン等々、Twitterのつぶやき見ると・・・

 

https://twitter.com/am_esan/status/824463957423378432

https://twitter.com/Natu14hana323/status/827536032946024449

大谷選手の欠場は、選手間でも、相当の衝撃の様子ですが、

ピンチはチャンスでもある、これをバネにパワーへと昇華して、
結束を高めて頂きたいです。

 

さらに詳細戦力分析や勝ち抜き予想まで行きたいとこですが、

そちらは次回に譲りまして、 今日は この辺りで、ご一読ありがとうございました。

 

今回もテーマ曲はこの方々 ?  ” SEPERATE WAYS ”

JOURNEY ってやはり名曲だわ、スティーブ・ペリーの声域に酔う!

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - イベント, スポーツ, 野球