飛込み金戸凛はサラブレッド、親子3代の五輪出場へ一族で総力戦!

      2017/09/16


Sponsored Link

ふだんはあまりなじみがないと思いますが、飛び込み競技、東京オリンピックに向け、

妖精のようにキュートで可愛らしい新星が誕生しそうです。

その後も報道が途絶えない、スター性も十分、反響のとだえない証拠です。

 

昨日、東京辰巳国際水泳場で行われた飛込国際大会派遣選手選考会の様子が、TV放映されました。

こちらで金戸凛さん(何と13才 中1)は2位以下を大きく突き放し優勝、日本代表入りが、

決定致しました。

 

その家庭環境とか、少し驚きづくめでしたので、早速レポートさせて頂きます。

金戸家

○ 金戸ファミリーはなんと・・・

 

驚くなかれ、金戸凛の両親、母・幸、恵太はともにソウル、バルセロナ、アトランタ

五輪に出場の飛び込み選手。

また祖母・久美子、祖父・俊介もローマ、東京五輪に出場しているというもの、

こんな絵に描いた様な、まるでドラマみたいなサラブレッドな家柄ってあるんですね。

Sponsored Link

 

お母様はとてもリンとして、聡明な美しい方。お父様は実直で真摯なコーチと言った

面持ちでしょうか。 お二人とも成長期の身体に栄養が大事と言うことで、朝夕の

お弁当作りに余念がございません。

 

朝も4時の起床、やはり何かを成し遂げるってことは、多くを犠牲に成立する側面、

図らずも拝見致した次第です。

 

なおお父様は、金戸DCと言う飛び込みのスクールを経営されており、凛さんの

姉 華さん、お兄さんも、もちろん競技者でございます。

 

姉妹で通学は 目黒の日出中学・高校、芸能人も多く、

飛び込み競技でも名門校なんですね。

○ ところで飛び込みの採点基準って?

 

Sponsored Link

飛び板飛込、高飛込み共に、「自由選択飛び」もしくは「制限選択飛び」にて競技が

行なわれる様です。

そして技の種類と、基本姿勢の型の組合せでもって、採点がなされるとのこと。

そして最大のポイントは、水しぶき、これがない入水ほど、評価は高くなります。

でも何か簡単じゃない、より詳しくは、↓ こちらを参照願います。 _(._.)_

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E8%BE%BC%E7%AB%B6%E6%8A%80

 

○ オリンピックに向けて・・・

↑ この家柄から、こんなにあどけないオリンピック候補が。。

今回 女子3m決勝: 1位・金戸凛、2位・板橋美波、3位・宮本葉月の結果。

150cm 40kgの小さな妖精 金戸凛は

「期待に応えられるよう頑張りたい」とコメント。

さらに母・幸さんは 「東京五輪へ計画した中で順調にきているのでコンディショニングをサポートしたい」とも。

自国開催のオリンピックは競技者としても、特別なものがあるとお聞きします。

ぜひ日の丸を一番高いとこに掲げて、君が代を斉唱しちゃってください。

(まだこちらの競技で、金メダルはないかと。。)

かつては、この方が このスポーツを牽引?

それではまた。  ↓ アスリートつながりで、こちらも期待。。

フィギア女子 期待の若手をランキングも追って、グランプリを占う♫

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - オリンピック, スポーツ