筋トレメニュー!自宅で初心者が挑戦する心構え、FAQその3!

      2017/09/14


Sponsored Link

も~1回 筋トレFAQ3回めです、自宅で初心者が細マッチョに取り組む心構え、

メニュー以前にプロローグ、FAQでお答えします。

 

いくらトレーニング積んでも、夜ふかしダルダルのすさんだライフスタイルでは、

細マッチョへの道は遠いです。 睡眠リズムの乱れや質が保てないと、基本 睡眠

初期に分泌の成長ホルモンの量が、格段に減ってしまいます。

成長ホルモンは言わば筋肉を育てる養分です。 筋肉って実際はトレーニング中に

作られるのではなく、この養分が出ている時間帯に成長して行くんです。

 

時間帯によって起きていたり、休んでいたりの不規則生活は、成長ホルモン分泌の

機会も逸します。 睡眠不足や乱れは筋肉がそがれ、やつれる現象が報告されてます。

これは細マッチョではなく、ガリガリになりかねません。

 

睡眠のリズムが整うと、日常生活にも自然と変化が現れます。 エスカレーターでは

なく、階段を選んだり、歩行スピードも上って、動作もキビキビ俊敏になります。

いつもしんどいって思ってたことも、ハードルが下がります。

 

日々の活動量が増えて、その分エネルギー消費もにつながり、夜の寝付きも良く

なります。 こうして細マッチョ体型への良好ばサイクルが根付いていきます。

Sponsored Link
  • ゴリマッチョは、ちょっと・・・

自宅で特別な器具もなく、通常トレーニングで筋骨隆々のゴリマッチョまでは、

ま~不可能、だから心配は無用、そこまで行ったら奇特です。

重量級のバーベルを使って10回こなすのが精一杯くらいの負荷をかけて初めて、

速筋の肥大につながります。

 

細マッチョトレーニングは、これとは対局です。 基本は低負荷×回数が原則で、

10~15回を何セットって繰り返しゆくもの。 だから持久力が高まり、筋肉自体が

モリモリ太くなるってことではないんです。

 

ただ注意したいのは、種目を一辺倒に偏らせないこと。 これは筋肉のバランスを

崩し、スタイリッシュなシルエットを遠ざけないためです。 腕を鍛えたら、背中の

筋肉も鍛える、右を取り組んだら、左も同様にする。 前後左右のバランスを意識

してトレーニングするのを忘れないってことですね。

Sponsored Link

 

  • 2ヶ月先も細マッチョを維持するために・・・

より完璧な細マッチョを目指して維持していくなら、同じトレーニングに甘んじない

ことです。 とは言えここから負荷を増やすのではなくです。 ゴリマッチョ体型に

近づけない様にですね。 一番手軽なのは、回数やセット数を増やすのが良いです。

15回×3セットを、20回×4セットに増やすイメージです。

 

現状を保つレベルであれば、トレーニング頻度を少し落すくらいでも大丈夫です。

理論的には2週に1度のペースでも体型キープは可能とされます。 例えばベンチ

プレス100kgの持上げる筋力等がそれです。 ただこれって2週に1度、Max

負荷をかけられる人の話ってことで、長年トレーニング継続などの熟練者でなければ、

ピーク時の能力は、落ち行くものです。

 

よって週1頻度のトレーニングを続けて、7週≒2ヶ月で繰り返すプログラムを

定期的に繰り返すがベターということですね。

  • 三日坊主な自分、やり直しはきくの?

最初はやる気満々でも、4週目でトレーニングはまばらに、5週目で息切れなんて

ありがちです。 でも大丈夫、諦めるのは早いです。 いつからでもやり直せば

良いんです。 そもそも人は、何にせよ、続けることには、ハードルがつきものです。

学問的にも、現状維持メカニズムとか、恒常性維持機能なんて言うんですね。

あのイチローとて、何度もつまづきながら、都度立ち直ってきたんです。

 

だからまたリスタートの取組み姿勢さえあれば、問題ないです。 1週あいても、

また止まったプログラムから再開すれば良いんです。 2ヶ月あけば、できるレベル

から始めれば良いのです。

 

そもそもトレーニング中断しても、全てチャラになるってことはないし、取り組んだ

レベルに応じた力はついてます。 三日坊主を何度くり返しても、また始めれば、

それで継続、定着です。 完璧になんて意気込まなくていいですから、断続的でも

継続です。 たんたんと行きましょう!
↓ 参考まで。。

 

  • おマトメに変えて・・・

3度にわたって、筋トレFAQ つづってきました。

頭でっかちに情報過多でがんじがらめより、まず1歩踏み出すことです。

気楽にスタート、GoGoです。。

 

こんな記事はいかがですか? 参考にして下さいね。 ↓

ウォーキングのススメ、効果的に運動不足を解消し、健康体を維持!

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - お役立ち, 健康, 筋トレ