選抜甲子園2017春 組合せと優勝候補と注目選手をまとめてみた!

      2017/09/14


Sponsored Link

春のお楽しみ~、WBCも熱いですが、第89回選抜高校野球大会の開幕も迫ってます。

日程は3月19日(日)に開幕、3月30日(木)まで12日間、熱戦が繰り広げられます。

今年の入場行進曲は、星野源さんの『恋』でしたね。気になる組合せは、昨日決まりました。

恒例 優勝候補と注目選手を取り上げたので、あなたの予想と、見比べてみて下さい。

 

170310_hsb_senbatsu

 

1回戦は、以下のとおりです。

 ◆第1日(19日)

 ▽第1試合 至学館(愛知)-呉(広島)

 ▽第2試合 日大三(東京)-履正社(大阪)

 ▽第3試合 熊本工(熊本)-智弁学園(奈良)

 

 ◆第2日(20日)

 ▽第1試合 高岡商(富山)-盛岡大付(岩手)

 ▽第2試合 報徳学園(兵庫)-多治見(岐阜)

 ▽第3試合 中村(高知)-前橋育英(群馬)

 

 ◆第3日(21日)

 ▽第1試合 創志学園(岡山)-福岡大大濠(福岡)

 ▽第2試合 東海大市原望洋(千葉)-滋賀学園(滋賀)

 ▽第3試合 健大高崎(群馬)-札幌第一(北海道)

 

 ◆第4日(22日)

 ▽第1試合 福井工大福井(福井)-仙台育英(宮城)

 ▽第2試合 高田商(奈良)-秀岳館(熊本)

 ▽第3試合 作新学院(栃木)-帝京第五(愛媛)

 

 ◆第5日(23日)

 ▽第1試合 東海大福岡(福岡)-神戸国際大付(兵庫)

 ▽第2試合 早稲田実(東京)-明徳義塾(高知)

 ▽第3試合 静岡(静岡)-不来方(岩手)

 

 ◆第6日(24日)

 ▽第1試合 宇部鴻城(山口)-大阪桐蔭(大阪)

 

1回線の注目カードは、日大三VS履正社、熊工VS智弁、早実VS明徳なんて、

いきなり好ゲームが期待できそう。 明徳の馬渕監督が早速、敬遠~突っ込まれてましたね。

清宮の後に、1年生主砲の野村なんて怪童が控えてるから、生き抜けないとこです。

「選抜高校野球 2017優勝候補」の画像検索結果

Sponsored Link

 

  • 優勝候補はどのへんか?

一応 秋の地方大会のワン・ツー(優勝/準優勝校)は、抑えておきましょう。

 

北海道 : 札幌第一、札幌日大

東北  : 仙台育英、盛岡大付

関東  : 作新学院、東海大望洋

北信越 : 工大福井、高田商

東京  : 早稲田実、日大三

東海  : 静岡高、 至学館

近畿  : 履正社、 神戸国際付

中国  : 宇部鴻城、市立呉

四国  : 明徳義塾、帝京第五

九州  : 福岡大大濠、東海大福岡

 

さずが名門校がズラリ、ま~一冬越えて、どこも鍛えて来るし、勝負は紙一重だから、

シード格と言えど、安堵できません。

 

この中から、あえて優勝校を予想しちゃいますと・・・、

東西の横綱、早実・履正社は優勝候補の筆頭格じゃないですかね。

 

早実は前述の、清宮・野村の迫力は抜群です、投手力の安定感がカギですかね。

履正社はエース竹田と、主砲若林や、安田らが、昨秋 神宮大会の優勝で勝ち方知ってます。

 

次点は、作新学院なんて目につきます。 エース左腕の大関、多彩な変化球が持ち味で、

夏春連覇がなれば、史上5校目となります。

 

1回戦 早実戦が楽しみな明徳も強いです。 こちらもサウスポー北本が安定、

4番西浦も長打力が傑出、四国大会は投打で圧倒でした。

 

後は北の常連、仙台育英でしょうか、エース長谷川は鉄板、打線のつながりも切れ目なく、

主将西村のキャプテンシーも評判上々です。

 

秀岳館も右腕田浦と左腕川端のダブルエースでユニーク、甲子園経験者も多く侮れないです。

 

結論 2017選抜甲子園の優勝候補は独断で、

 本命 早稲田実業、履正社、 ダークホース 作新学院、明徳義塾、仙台育英を押します。

 大穴 秀岳館と、東海をしぶとく勝ち抜いたボクの地元、静岡高校を挙げます。

ちなみに春はトーナメントで、勝ち上がった先の展開が読めます。

何と履正社は、順当なら決勝まで、上にあげた高校とは当たりません。

早実はじめ仙台育英や作新も同ブロックなんですね、つまり決勝前に

それぞれが潰し合うってこと。 大阪桐蔭なんて、侮れないとこも虎視眈々です。

組合せの上では、履正社 優位ってことになりますかね、ま~他にも伏兵が

目白押しな訳ですが、今日はこのあたりで。。

Sponsored Link

 

  • 他に注目選手は?

上述の選手以外にもダイアモンドの原石で、逸材がゴロゴロ、キリがないとこですが、

前項の優勝候補欄にあげた選手はもちろん注目どこ(既に相当 露出されてますね)、
他に個人的に気になる選手を、ザックリ次にあげます。

(ちょっとこれは書ききれないので、詳しくは別項で、お届けです。)

  ・日大三高 主砲金成

193cmの長身で米国人の父を持つハーフ、みかん星ながら飛ばす力、スイング
スピード、広角打法にも非凡なとこありと、プロのスカウト陣も絶賛です。

「日大 金成」の画像検索結果

 

  ・札幌第一 エース富樫

昨年の春は木更津総合戦に、リリーフで登板も敗戦、屈辱を胸に、
甲子園へ返り咲きです。 札幌第一も前田投手と二枚看板、上位進出
十分に射程圏です。

「札幌第一 富樫」の画像検索結果

 

  ・福岡大大濠 エース三浦

こちらも昨秋 神宮大会での、早実戦に圧倒され、リベンジに燃えています。
冬は砂浜を走り込み、制球力に磨きをかけました。 履正社側のブロックに居て
決勝まで進めば、早実と再度対戦です。

「福岡大濠 三浦」の画像検索結果

 

  ・東海大望洋 エース金久保

中学のシニア時代から、全国優勝するなど逸材で、高校でも1年から
ベンチ入りで、ストレート、変化球、制球力共に1級品です。

「東海大望洋 金...」の画像検索結果

 

  ・智弁学園  主砲福元

もともと昨年は4番にすわっていましたが、スイングをコンパクトに
今春はつなぎの意識で、トップバッターとしてリードオフマン起用と
なりどうです。

「智弁 福元」の画像検索結果

 

 

  • おマトメ

こうして名門校を目にして、興奮が抑えられないです、あ~楽しみ。

そう言えば昔、じいちゃんが会社の皆さんと、仲間内で枠組んでトトカルチョ

やってました。 懐かしいな~~。

で今年も熱戦を期待して、最後までおつきあい、ありがとうございました。

こちらもお楽しみに。。 ↓

WBC2017侍ジャパンメンバーと、日程や組合せ、見所を整理した

 

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - イベント, スポーツ, 野球