『大谷くんにならって、目標設定シートも書いてみる・・・♪ 』

      2016/07/29


Sponsored Link

夢の実現、成功に向けての、第1ステップは、明確な目標設定からです。

先日あげた人生の6分野(①健康と身体、②社会と文化、③教養と教育、

④精神と倫理、⑤職業と経済、⑥家庭と家族)は、人生に活力を与える

やる気の発生源です。 皆さん バランスよく、毎日をお過ごしですか?

 

限界にとらわれず、大きなビジョンでチャレンジしてみませんか、

自ら無限のポテンシャルに蓋することなく。

千里の道も、計画立案と目標設定が肝要、時間を最短に節約する王道でもありますし。

目標設定の一般的な手順を、書いてみます。

 

Ⅰ 目標設定シート マスターリスト

様々な人生カテゴリーに対し、洗い出して優先順位をつけてみましょう。

年に1度 見通して、3ヶ月に1回程度見直す、目標のマスターリストを作成します。

最初はあまり、かたくるしく考えず、何か書き出してみることです。

おおむね手順は以下を参照頂いて。。

1 目標を幾つかリストアップする。

2 目標群に順位付けする。

3 各目標が人生6分野のどれに属すか、カテゴライズ。

4 各目標の達成期日を決める。

5 それぞれ短期目標か、長期目標か。

6 それらは有形目標か、無形か。

7 無形目標は極力、行動・成果・利益に結びつけ有形化する。

(目標達成の意識を強化して、行動しやすくするためです。)

f63bcbf6dfcdb91e634bf5d1fa15fe6636b570a0

↑ 大谷くんのMatrix

 

Ⅱ 目標達成の計画表

目標成就までそのプロセスを適切に、軌道がぶれない様、

計画表に落とし込みます。

 

1 まずは重要な目標を書き出します。 (マスターリストより抽出)

2 その目標は、人生6分野 どのカテゴリーか。

3 その目標が達成するのはいつなのか。

4 その目標が達成で得られる利益と損失は何か。

5 目標達成までに想定される障害は何か。

6 それらの障害に対して、どう解決するか。

7 その目標達成までの要素を分解し、具体ステップを記入する。

8 目標達成途上の自分を元気づける言葉を記す。

全般意識頂くことは、①現状の把握、②あるべきorなりたい姿を描く、

③そのギャップは何か、いかほどか探る、④アクションの方向性を確定、

⑤成果物や成功状態を具体化、⑥完了期限に加えプロセスも期限目途を置く、等々 一連を見える化して下さい。 できれば期限は

DeadLineの少し前に余裕を持って設定したいですね。

不測の事態はつきものですから。

(組織に置き換えた場合、誰が何をいつまでに!の観点です。)

 

Ⅲ アファーメーション

目標は、人に公言することで、鮮明化すると言われます。

スポーツ選手で、ビッグマウスと揶揄されながらも、あえてコメントする方がよくいますね。 自分にプレッシャーを与え、恥ずかしいことはできない、絶対に成功させると、自らを追い込んでいるんでしょう。

1 優先順位の高い目標から順に、紙に書き出し、毎日読み返す。

2 暗記できたら、頭の中でこれをひたすら繰り返す。

 

明確に目標設定し、小さな一歩からコツコツ達成が続けば、それはいつか

大河の流れとなり、遠いゴールにもたどり着ける、と言う訳です。

ゆるぎない自信で努力したなら、外野に惑わされるこちなく、不安に打ち克ち、

ステージも開けて、なりたい自分に近づくと言う寸法です。

 

Ⅳ 人生6分野の成功も、併せて目指す

全ての面でバランスよく保ち、日々を過ごすことが、人生を成功へと導く要素と言えます。 何となくファジーに流すことなく、トータルパーソンを目指して、細かな行動計画を習慣化することも、大きな成果を生むと思います。

1 月間計画ステップ : 毎月末に翌月プランを作成。

2 週間計画ステップ : その週の重要ミッションを見極める。

3 日常組織化ステップ: 毎晩 就寝前、翌日の行動を組織化する。

4 未来計画ステージ : さらなるレベルアップへの気付き諸々を忘備。

いかがでしょう、参考にしてもらえたら幸いです、

ご購読ありがとうございました。

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - やる気 元気