気づかい気配り思いやりで好かれて仕事ができる人へ、30の習慣!

   


Sponsored Link

「ほめられたい、好かれたい」

「仕事ができる人と思われたい」

「自分がどう見られているか気になる・・・」

これでは人への気づかい・気配りは、難しいですね。

 

仕事を円滑に、人間関係を良好にするには、

少しの気づかい気配り思いやりで、目に見えて好転するものです。

 

では気づかい気配りのできる人の習慣30、取り上げます。

 

⚪ 気づかいは相手の尊重から

 

 

「気づかい」と聞くと、とても難しいことのように感じる人がいるかもしれません。

でもそれは違います。

 

気づかい・気配りは、気合を入れてやることでもなければ、念入りに準備して実行することでもありません。

 

相手を思い、相手の心に寄り添って、さりげない一言をかけること。

相手が望んでいることを察して、ささやかな行動を起こすこと。

相手がうれしいと感じられる「ちょっとしたこと」が気づかいの本質なんです。

 

・小さな気づかいを積み重ね

 

ここでは気遣いをできる人の行動や話し方を取り上げながら、気遣いをできるようになるコツを紹介したいと思います。

 

一つ一つはささいなことでも、これらを習慣にすることで、自然と気遣いのできる人に生れ変わることができるはずです。

 

Sponsored Link

 

⚪ 気づかいの基本

 

とは言え、「気づかい・気配り」ってそもそも・・・なんて、ふと考えてしまいますね。

ちょっと基本的なとこから、抑えて参りましょう。

 

・気づかいのできる人ってどんな人?

 

-相手をよく見て、心情に寄り添うことができる人

 

-無関心にならず、早めのアクションを起こせる人

 

-気づかいに対する見返りを求めない人

 

-相手を不快にさせず、自分の意見を伝えられる人

 

-タイミングを見計らって、こまめな報告ができる人

 

-自分の心のブロックを外せる人

 

・相手をちゃんと見てますか?

 

-相手の気持ちを察するために、周囲をよく観察する

 

-聞き役に回ると、相手の気持ちに敏感になる

 

-場全体を見て、今必要なことがわかる

 

-映画や本の登場人物を観察してみる

 

・気持ちをキチンと伝えてる?

 

-「すみません」は使いすぎない

 

-「聞いてみます」のサインはハッキリ示す

 

-「同感」ではなく「共感」する

 

-「分かりました」を気持ちよく伝える

 

-「うれしいですね」の言葉を添え、一緒に喜ぶ

 

⚪ 気づかいができる人の習慣30はコレ!

今日から真似たい、気づかい・気配りを習慣にするには、

ズバリこちらを意識していただきたい!

 

《行動編》

1 お礼は「すぐに」、そして「具体的に」

2 小さな約束をキチンと守る

3 鼻先、心臓、つま先を相手に向ける

4 お辞儀の角度で相手への気持ちを表す

5 その場にいない、見えない相手にもお辞儀をする

 

6 口元を意識して、いい表情をつくる

7 メールの砕け具合は、相手との距離に応じて調節

8 訪問先へは約束時間ピタリの数分前で

9 オシャレではなく、身だしなみを大事に

10 お土産は「手渡し」で心も添える

 

11 あえて「見ない」「言わない」「聞かない」ことも

12 TPOで「色の気づかい」を配慮

13 笑顔のバリエーションを持つ

14 「うける」ではなく、「和む」場をつくる

15 立ち居振る舞いにも注意を払う

 

↑ ご参考まで・・・北野 武、グレートです。

 

《会話編》


16 語尾を工夫、伝わりやすい表現を心がける

17 電話では普段以上に考えて話す

18 あいさつに気遣いの言葉を添える

19 ひとり言も活用する

20 初対面でも楽しく会話をつなぐ

 

21 声の「投げ方」を意識する

22 雑談には「相手の話題」をプラスする

23 「会話泥棒」に気をつける

24 自分のタイプを知り、失言を防ぐ

25 相手が話したいことを質問する

 

26 相手のタイプによって話し方を変える

27 お世辞が苦手なら、まず事実を伝える

28 キッパリ断ることが、気遣いになることも

29 「名前」で呼んで、心の距離を縮める

30 「沈黙」をおそれない

 

⚪ まとめ

 

気づかいとは、相手の気持ちを察して、それに応えること。

自分のことばかり考えていては、相手の気持ちは見えません。

 

気づかいは、目の前の相手をよく見ることから始まります。

ほんのちょっとした気づかいができれば、全てが変わります。

 

人間関係が好転し、仕事も必ずうまくいきます。

ぜひ心掛けて下さい。

本日もお読み頂き、ありがとうございました。

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - お役立ち, ビジネス, 人間関係, 転職, 雑記