崖っぷちホテルのネタバレ、3話感想と4話あらすじ、次なる仕掛は?

      2018/04/30


Sponsored Link

ようこそ「崖っぷちホテル」へ!なんですが、

 

郊外にたたずむ一軒の小さなホテル。

かつては知る人ぞ知る、栄華を誇ったクラシカルで高級な・・・。

 

・・・しかし時は経ち、 今やヤル気・実力共に0のスタッフ集う、

破産寸前ド底辺ホテルのダメダメづくし。

「若すぎる新米女性総支配人」、 「空気の読めない新人パティシエ」、

「競艇狂いの総料理長」に 「アメニティ泥棒の清掃員」、

「24時間酩酊中のバー責任者」や 「絶賛横領疑惑?の副支配人」

 

などなど、このホテルのスタッフたち、

全員「クセ者」揃いのダメ人間?

いえいえ第2話でも、古いお客様の秘密を探り当てて、

お誕生日をお祝いして、ホロリとしました。

 

さあ、引き続きの崖っぷちホテル、ネタバレとなりますが、

3話感想と4話あらすじを取り上げて、次なる仕掛も探ってみました。

 

Sponsored Link

 

⚪ 崖っぷちホテル、第3話の感想は?

降格人事に不満の時貞(渡辺いっけい)江口(中村倫也)は、自らを元の役職に戻さないならホテルを辞めると佐那(戸田恵梨香)に直談判。

それを知った宇海(岩田剛典)は、なんと新規客獲得のための企画対決で勝った方を元に戻すと提案する。何か考えがあっての降格人事だと思っていた佐那は愕然。

人事を競争に使うことに抵抗を感じる佐那だが、宇海はそんな佐那に二人の勝負のジャッジをするように言い出します。

 

全体ミーティングで宇海が企画勝負を発表すると、長吉(宮川大輔)までも前々からやってみたかったという新たな企画をやりたいと言い始めます。

3つの企画の準備が進む中、時貞が他の従業員を自分の味方に取り込もうとする一方、江口は自分が勝てば総料理長を降りることになると知りつつ明るく協力するハル(浜辺美波)に複雑な思いを抱いていました。

 

そして、各プランの客の宿泊日。

時貞の『究極のセレブ体験プラン』には大事な商談のために訪れた富田(羽場裕一)が、

江口の『一流フレンチの調理体験プラン』には父子で参加する大村敬三(渋川清彦)裕司(田中奏生)親子が、

長吉の『プロのベッドメイク講習プラン』には将来ホテルで働きたいという小山内裕子(川栄李奈)がやってきます。

果たして企画バトルの結果やいかに!?そして、佐那に判定を任せた宇海の真の狙いとは!?

 

成果主義の風潮、こちらのホテルにも及んで参りました。

ゲストも豪華、川栄ちゃん、ノリノリですね~。

第3話の予告をひとまずです。 ↑

 

⚪ ストーリーやキャストをあらためて

 

今日もまるで活気のないロビーに

あくび交じりのスタッフがチラりホラり。

 

そんな時、現れたのはおよそクラシカルなホテルに似つかわしくない

超絶ラフで自由な格好をした若き男が一人。

 

ヤル気はないがプライドだけはムダに持ち合わせたホテルマンが

嫌味な顔を男に向ける。

 

この男の来客が、このド底辺ホテルの全てを

覆すことになるとは、今はまだ誰も知らずに――。

 

と嵐の予感、さてさてホテルの行く末は・・・。

 

 

レギュラーキャストは以下です :

 

岩田剛典、戸田恵梨香、浜辺美波、中村倫也、

くっきー(野性爆弾)、チャド・マレーン、

佐伯大地/鈴木浩介/西尾まり、宮川大輔、

りょう、渡辺いっけい

Sponsored Link

第1話、2話のダイジェストもご覧ください。

 

 

 

⚪ 崖っぷちホテル、第4話のあらすじ紹介

今宵の宿泊はどんなサプライズがありましょうか?

 

丹沢(鈴木浩介)からグランデインヴルサを辞めて近くに建設予定のビジネスホテルに転職するという衝撃の告白を受けた佐那(戸田恵梨香)
長年経営を支えてきた丹沢を引き止めたい佐那だが、宇海(岩田剛典)はあっさり後任者の採用面接をすると張り切り…。

 

時貞(渡辺いっけい)は着服の秘密を共有する仲間だと思っていた丹沢から突然裏切られたことにショックを受け、従業員にも動揺が広がる中、
今度は尚美(西尾まり)大田原(くっきー(野性爆弾))が丹沢についていくと電撃発表!
ホテルの大ピンチだが宇海は辞める三人を引き止めもせず、歓送パーティーと三人分の採用面接をする、とドライなKY発言で皆を驚かせる!!

そんな中、お金さえあれば三人を引き止められると考えた江口(中村倫也)は、庭の池で偶然見つけたホテルに伝わる『幸運の食材』にあやかろうと考えていた…。
そして、去る者と残る者それぞれに複雑な気持ちを抱えたまま迎えた採用面接の日。
新しい出会いにワクワクするという宇海以外は後ろ向きなメンバーの元を訪れたのはホテルマンとしては絶望的な人材ばかり。

そんな中、宇海が声をかけたという初老の男性・小山内(長谷川初範)を見た枝川(りょう)は、尊敬する佐那の父・剛の面影を感じ…。
別れの時が迫る中、やはり今のメンバーでホテルを続けたいと願う佐那に、宇海は愛を持って送り出すのも支配人の役目だと話すが…。
宇海が仕掛ける大逆転のシナリオとは!?そしてなんと新たな救世主が登場!?

いや~またまた一波乱、光るものは感じても、経営的には決して順当とは言えない、崖っぷちホテル。
転職を志すもやむを得ないところとは察しますが・・・。

 

⚪ マトメ

 

2018年、4月現在・負債総額3億円!

舞台はダメスタッフの巣窟と化した、

サービス最悪・クセ者揃いの老舗ホテル!

 

このホテル、建っている場所・立たされている状況、

同じく押せば倒れる崖っぷち!

 

「どうせどうにも出来ない・・・」。

 

そんなうつむきかけた日常を笑い飛ばす、

日曜の喜劇はここにあり!

 

「全員クセ者」だらけの登場人物で織りなす、一軒のホテルを舞台にした、

「クセ」が凄すぎる!? 痛快シチュエーションコメディ!

そうかつて山田太一さんの脚本で、田宮二郎さん主演で、

”高原にいらっしゃい”ってドラマも、高原舞台のホテル奮闘もので、

感動ものだったんですが、思い出しました。

(平成になって、佐藤浩市さん主演でリメイクもされました。)

 

この先もとっても楽しみです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - ドラマ, 人間関係, 芸能エンタメ, 雑記