ドラマBIZヘッドハンターのネタバレ、第3話感想と4話あらすじ

      2018/05/02


Sponsored Link

 

ヘッドハント、引き抜き?が、ドラマ化されました。

 

“あなたの値段、いくらですか―?“

 

ヘッドハンター【headhunter】

①所定の事業についている者の、転職を斡旋する者

②首を狩る者。

 

その男、救世主か。悪魔か。

ある者は「転職して救われた」と言い、

ある者は「あの男に騙された」と言う―

 

ドラマBIZヘッドハンター、ネタバレです、

第3話感想と4話あらすじを、ご覧ください。

 

Sponsored Link

 

⚪ ヘッドハンター 第3話の感想

 

総合商社「三網物産」の社員・熊谷瑤子(若村麻由美)は、

女性総合職第一号として、これまで数々のヒット事業を手掛け、

マスコミにもたびたび取り上げられるなど、ちょっとした有名人だ。

 

そんな瑤子に、黒澤和樹(江口洋介)は転職話を持ち掛ける。

従業員3万人規模の企業で、女性初の役員として迎えたいという話だ。

瑤子は前向きながら、慣れた様子であしらっているようにも思える態度。

 

実は、黒澤のライバル赤城響子(小池栄子)からも、ヘッドハントの誘いを受けていた。

奇しくも同じ人材を奪い合うことになった黒澤と響子…。

こうしてそれぞれのやり方で瑤子の獲得合戦が始まった。

 

そんな中、2人に差出人不明の一通のメールが届く。

それは瑤子の私生活に関する暴露メールだった。

ひとまずこれまで3話の予告動画をどうぞ。

 

 

 

転職はドラマ、クライアントも候補者も生き物。

驚きのドンデン返し、謎のメールの招待も・・・。

おっとココまで? あまり語りすぎてはイキではありませんね。

熊谷の部下、黒澤と赤城のガチガチのつばぜり合い、

見どころ満載であることに、間違いございません。

続きは新動画配信サービスParaviをご覧くださいませ。

 

ところで皆さんは、ヘッドハントのお声掛け頂いた経験は、ございますでしょうか?

流れとしては、

1.ヘッドハンターからの接触(メールかケイタイ)

2.ヘッドハンターとの面談(人物確認)

3.オファー企業との面接(複数回も)

4.提示・入社条件の調整(相思相愛なら)

とこんな展開が一般的です。

私もオファーは頂いた経験がございます。

自分の職業観や哲学もつたなく、ご縁成就には至りませんでしたが、

当時もっと真剣な向き合い方をしていれば・・・などと感慨にふけることもあります。

 

⚪ 主要キャストをあらためて

 

黒澤和樹(江口洋介)は「SAGASU」という黒澤を含め、

社員わずか3名の弱小転職斡旋サーチ会社の社長兼ヘッドハンター。

 

対象者やクライアントの心の中に深く入り込み、

強引ともいえる手腕で企業と候補者のマッチングを実現させていく、

異端のヘッドハンターである。

 

黒澤を支えるのは社員の灰谷哲也(杉本哲太)。

黒澤とは腐れ縁で2人の関係には表には見えない因縁が―?

 

さらに、高いPCスキルを持つ若手社員の舘林美憂(徳永えり)。

 

元経済新聞記者で黒澤に力を貸す眞城 昭(平山浩行)。

 

そして、黒澤と対立するのは業界最大手の転職斡旋会社

「ブリッジ」に務めるやり手の赤城響子(小池栄子)。

 

“転職”を通して、様々な人々の大きな「転機」に巻き起こる

出来事や人間模様を時にスリリングに描く―

 

―転職。それは人生のサスペンス―というわけです。

 

 

 

⚪ 第2話もしびれた~~

 

本日も、名言飛び交ってました。

スカッとジャパンだ、こりゃ。

”あんたは逃げてるだけだ!”ってのも、1話で出てました。

同感、今を目一杯生きることに尽きる!

テレ東は12チャンの頃から、大好きです。

 

Sponsored Link

 

⚪ 第4話のあらすじ紹介

 

第4話は5/7(月)放送予定、ゲストは伊武雅刀さん。

こちらもひとクセふたクセ、期待できます。

では第4話 あらすじは、こちらです。

黒澤和樹(江口洋介)らはある温泉地の老舗旅館「松葉楼」に来ています。
旅館の大旦那・松原善三(伊武雅刀)が倒れ車いす姿に。

息子たちと絶縁状態であることから、新たな後継者を探して欲しいという依頼です。

しかし芳しくない経営状況を知った黒澤は、ひとり現地に残り、旅館事情の調査に乗り出します。

東京に戻った灰谷哲也(杉本哲太)と舘林美憂(徳永えり)は早速条件にあった候補者をあげるが、なぜか善三にOKを出す気配がなく…。

なにやら、訳ありのご子息が絡んでる様子ですが、はて結末はいかに?

 

⚪ まとめ

 

いや~江口さん、シブいです。

小池栄子もイカしてるし、杉本哲太もお見事。

 

転職は人生のスパイス、いや一大事です。

乗るか反るか、チャレンジであり、リスクでもある。

 

かく言う私、片手に足りない転職回数です。

ガンバって出張り過ぎたり、建設的意見のつもりが評論家に

見られたり・・・。

 

だからこそのヘッドハント、一般の転職とはまた違う訳ですが、

深~~~いドラマがあるというわけです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - ドラマ, ビジネス, 人間関係, 芸能エンタメ, 転職