ワールドカップ2018日本代表の日程と1次リーグH組3戦を展望する!

   


Sponsored Link

 

2018ロシアワールドカップが秒読み、また寝不足が続いてしまいます。

4年に一度の、国の威信を賭けた戦いが始まります。

 

サムライブルーの新たな挑戦!

ロシアワールドカップ日本戦の日程と見所ってことで、1次リーグH組を展望してみました。

皆さんはどう見ますか?期待を込めて、独断の意見かもですが、ご覧ください。

 

⚪日本代表H組の試合日程

さあこの日は、ノー残業で撤収して、TVにかぶりつきたいです。

()はFIFAランク順位4/12現在と試合会場、日本は60位となります。

 

6/19火 21時~ 日本VSコロンビア(16位)サランスク

6/25月 24時~ 日本VSセネガル(28位)エカテリンブルク

6/28木 23時~ 日本VSポーランド(10位)ボルゴグラード

 

では1次リーグ各対戦国との戦況とかにらんで参りましょう。

 

⚪6/19火 コロンビア戦

”4年前のリベンジを果たしたい大一番、

ハメスら強力攻撃陣を日本のDFが抑え込めるか”

 

’98年仏大会から6大会連続での本選出場を果たした日本代表。

開幕2ヶ月前の監督交代など不測の事態はあれ、グループリーグ突破、

そして過去最高となるベスト8への進出は、誰もが期待するところです。

 

その最大のカギは初戦のコロンビア戦。

前回ブラジル大会ではグループリーグ第3戦1-4と完敗を喫しました。

初戦で黒星はグループリーグ突破を極めて困難にします。

ですから超格上相手でも、勝ち点1は確保したいとこです。

引き分け以上に持ち込むには、最小失点に抑えることが重要です。

ブラジルで躍進したハメス・ロドリゲス、4年前はケガで欠場のFWファルカオら

強力オフェンスのコロンビアです。

日本はキャプテン長谷部がアンカー役で、吉田麻也・槙野が手堅くバイタルを固める。

 

また1VS1ではリスクが高いので、守備の数的優位を保持すること。

それには前線からパスコース限定し、サイド・ボランチも献身的な守備が条件です。

極めて重要な初戦、チームが一つになり、全員サッカーで活路を見いだせるか、

今大会の出来を占う大一番となります。

 

Sponsored Link

 

⚪6/25月 セネガル戦

”絶対に負けられない試合、日本らしい

サッカーを体現する攻撃陣の活躍がカギ”

 

日本の第2戦はセネガルと激突します。

02年日韓大会では、前回王者のフランスを破り、世界を驚かすと、

その勢いのまま、ベスト8まで駆け上ります。

 

今回もケイタ、マネなど前線のスターや、DFリーダーのクリバリら能力の高い

選手を揃え、再び旋風を巻き起こす力は十分です。

 

でも日本としてはコロンビア、ポーランドの格上国との比較の中では、

まだ組みやすしとして、確実に勝ち点を積み上げねばなりません。

まさに絶対に負けられないだけに、攻撃陣がどう奮起するかに関わってきます。

 

日本の前線は大迫、本田、香川のブラジル経験組が主軸に、

欧州組がどう絡んでくるのか。

アジア予選では、コンディション優先で、ポジションが固定化されることは、

あまりありませんでした。

 

果たして西野監督の選択はいかに?と耳目を集めます。

監督・コーチ・選手の全員が日本人という中で、どんなハーモニーを奏でるか。

長友らサイドアタッカーが、敵陣深く切り込んで、多くの決定機を作り出す、

そんな展開を期待したいものです。

 

(Ads3)

Sponsored Link

 

⚪6/28木 ポーランド戦

”16強進出なるか、運命の第3戦”

 

日本の最終戦はポーランドと16強進出を争います。

欧州予選ではデンマークなどを抑えてグループ首位で、

3退会ぶりのW杯出場を果たしました。

 

その原動力は、チーム最前線で高い得点能力を誇るレバンドフスキです。

欧州予選では10戦16得点と大爆発、所属のバイエルンでも今季得点王です。

 

日本としては、攻撃時もポーランドのカウンターには最新の注意が必要です。

一方ポーランドのディフェンス面では、予選で14失点など安定を欠いています。

 

日本としては果敢にスキを突いて、突破口を見出したいです。

ですからディフェンスの背後を狙って、勝負をかけられる選手が、

かき回すと面白い展開が望めそうです。

 

初出場組のスーパーサブが躍動するか、このゲームでぜひとも

決勝トーナメント進出を決めてもらいたいです。

 

 

 

⚪マトメる

 

2015/3~ハリル体制下で強化が進んできた侍ブルーこと、サッカー日本代表。

世界標準を踏まえて、1vs1の攻防「デュエル」と「縦のスピード」を志向して

参りました。

 

心機一転、西野ジャパンでどんな戦いをみせるのか?

ヂュエルやタテは不可欠であることはもちろんですが、日本化した日本独自の

フットボールもあるとして、技術を最大限に活かし、規律や結束を図って

戦う強さがあると、ハリル流と日本流の融合を強調しています。

 

いずれにしても残された時間は数週間、日本人の強みを生かして一体感ある

チームを体現するjことでしか道は開けない。

サムライブルーの心意気に大いなる期待を抱き、劣勢との下馬評を

くつがえすことを願ってやみません。

 

本日もお付き合い、ありがとうございました。

ロシアワールドカップ日本代表の日程とH組対戦国との見どころを探る!

↑ こちらの記事も参照頂けますと幸いです。

 

 

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - イベント, サッカー, スポーツ