森保一が新星日本代表監督、経歴・プロフや動画も追ってみた!

   


Sponsored Link

日本代表が新たなスタートを切ります。
森保一、すでにオリンピック代表を率いる立場でしたが、
A代表監督と兼任です。

協会および技術委員達は、ロシアW-Cupの西野さんに味をしめたのでしょうか?
いえいえ内向き志向で勝てるほど甘くないことは、最前線の当事者達が、
一番おわかりのはず。

そもそもサッカー好きじゃなかったら、森保さんをご存じなかったり、
関心薄い方が多いんじゃないですかね?

森保一さん、現役時代は日本代表でもありました。
彼の経歴やプロフ、かつてのプレ-動画も追いかけました。
ぜひ彼を知ってもらって、新星日本代表監督の門出に、
新たな代表も応援しちゃいましょう。

 

⚪森保一の経歴やプロフ

森保一、モリヤスハジメ、愛称ポイチ

1968年8月23日生れ (49歳)
出身地 長崎県長崎市
身長 174cm、  体重 68kg

幼少期は静岡の掛川や、名古屋、横須賀など、
造船業関連勤めの父親の転勤に伴い、多くの転居を経験します。

小学校は長崎市、少年サッカーを経て、長崎日大高へ進学します。
ただ強豪の国見高や島原商業の影で、全国大会等に縁はございませんでした。

https://twitter.com/NHK_soccer/status/1022374595540738048

↑ こんな見方も・・・。

 

⚪現役代表時代

それでも高校サッカー部の監督とJSLマツダの今西監督が知り合いで、
1987年マツダ入団へと導かれます。

決して評価は高くなかったのですが、名将ハンス・オフトに見出され、
何と日本代表にまで選出されました。

1993年、W杯アメリカ大会アジア予選に出場し、ドーハの悲劇も経験します。
同年Jリーグが開幕し、サンフレッチェ広島の一員として、Jリーグ草創期を支えます。

Sponsored Link

 

⚪プレースタイルは?

守備的ミッドフィルダーとして中盤の底で守備を最優先し、相手ボールを奪い
攻撃の芽を摘む能力、また攻撃をディレイさせることに長け、
「ハンス・オフトの申し子」などとも呼ばれました。
ボランチってポジションが定着したのも、森保さんあたりからじゃないでしょうか?

決してオフェンシブでもなく、目立つことも多くはないので、
印象は薄いかもですが、地味ながらいぶし銀、むしろ玄人好みの選手でした。

 

 

⚪指導者になって

2004年、サンフレッチェ広島強化部のコーチに就任、同年に
JFA 公認S級コーチライセンスを取得します。
2005年2月、吉田靖監督の下、U-19サッカー日本代表コーチと兼務し、
2006年11月にAFCユース選手権2006にU-19日本代表コーチとして準優勝、
2007年のFIFA U-20ワールドカップにもコーチとして参加しました

その後アルビレックス新潟のヘッドコーチなどを経て、
2012年からは古巣のサンフレッチェ広島に復帰し、クラブ生え抜き史上初となる
トップチーム監督を務めることとなりました。

外国人監督に代表チームの在り方から、強化まで丸投げするような時代は
終わったということでしょうか。
今回の監督交代が、新たな局面の幕開けとなると素晴らしいです。

 

Sponsored Link

⚪マトメ

いずれ海外でキャリアを積んだ選手が、最先端の欧州で知見を
持ち帰って、向こうで培った人的ネットワークを生かし、
日本サッカーはさらなる進化を遂げる。

中には欧州で指導者ライセンスも取得し、欧州クラブを率いる
元日本代表も、早晩現れる可能性も・・・。

ともかく新星日本代表と森保監督、応援しちゃいましょう!

こちらの記事もご参考まで↓

ロシアワールドカップ、もう一度見たい名場面を動画で集めてランキング!

 

いや~~ワールドカップ、素晴らしかったですね、
それでは本日もおつきあい、ありがとうございました。

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - オリンピック, サッカー, スポーツ