闇営業芸人“宮迫博之”に引退・解雇の声が続々!ノーギャラや謝罪も嘘でっか?

スポンサーリンク
ビジネス

カラテカ入江慎也さんに端を発する闇営業騒動、
吉本興業籍の芸人が少なからず、反社勢力へのパーティーに参列ってことで
耳目を集めてますが、何やら雲行きが変わりつつじゃありませんか?

そう“雨上がり決死隊”の宮迫博之(49才)に“引退しろ!”だ、
吉本興業には“解雇しろ!”との世論と言うか、声なき声が増しています。

テレ朝『アメトーーク!』の顔ながら、番組スポンサーも問題を重視!
ただならぬ様子でございます。

個人的には大好きな芸人さんなんですが、宮迫さん、もはや
“闇営業芸人”“宮迫っ、アウト~~!”ってなもんでげすね。

俄然、引退・解雇がちらついてきちゃってますが、
ギャラや謝罪の様子も、追ってみましたので、ご覧ください。

 

●宮迫さんに俄然、引退・解雇の風向き?

宮迫さん、それにしても逆風です。
詐欺グループ会長の妻をハグして、
人気番組『アメトーーク』への招待をお約束した由。
スポンサー様の怒りを買ったと言われます。

「ギャラは、もらっていない」との談話も疑問、
そこまでする?ってのが、世間の受け止め方。

「振り込め詐欺グループとも知らなかった」、
こちらの件りにも、無理を感じてしまいます。

参加メンバー中、入江さんは解雇、
ロンブー田村亮さんや、ガリットチュウ福島さんは、
Twitter で謝罪、 レイザーラモン HGは静観状況の中、

宮迫さんはレギュラーTV番組や、ラジオと発言機会も多く、
どこか言い訳がましかったり、矛盾をつかれて、立場を
危うくしてる展開、といったとこでしょうか。

そして小物芸人の、トカゲの尻尾切り感も否めない。

●闇営業でノーギャラとのコメントは虚偽か

焦点のギャラについては、詐欺グループ側の金庫番的な人物の
証言が報じられました。

問題の忘年会への出演ギャラにつき、
入江さんとの交渉では、「宣伝費・出演料」の名目で、
「帯3本(300万円)」との提示があり、内訳は、

「宮迫100万、入江30万(10%)、
残り170万円をその他芸人でシェア」 と言いますから、
なんだか生々しくも信憑性を覚えます。

吉本興業のキャラって、契約書もなく、9割が吉本の取り分と、
芸人トークで、よく言われるところ。
(この辺の事情もあり、一部ギャラ呑みなどにも寛容であったか。)

売れない芸人さんには、同情を禁じ得ない部分はありますが、
さすがに宮迫さんの 100万円ってのは、いかがでしょうか。
(数万円程度であれば、お車代との答弁でかわせたのかな?)
所得隠しの、脱税疑惑も否めない? 大丈夫やろか。

 

 

●ツイッターでの謝罪がコレまた・・・

あと Twitter での謝罪文が、また物議を呼んでいます。
どうも関係者からの転送をスクリーンショット
しただけではと、ネット民がお咎めです。

宮迫さんご自身は「 Twitter で長文を載せる方法がわからず、
勧められた方法で載せたら、コピペってやつに思われてしまった」
「アナログ人間ですみません」と釈明のコメント。

こちらについての賛否は、
・言い訳、見苦しい、人のせいにするな 等々 厳しいものと、
・ ドンマイ、笑いに変えて、闇芸人やって等々エールに代わるものと、
二分の反応が見られています。

●宮迫のプロフや動画も少々、疑惑のデパートか!

今更ですが、宮迫さんのWiki情報も少し、紹介しておきます。
1970.3/31 大阪生れの49才。 金光第一高卒。
強豪校サッカー部 MFでレギュラーをゲット。

安定の公務員志向からから、大阪府警の採用試験を受けるも不合格。
NSC入り。1989年、蛍原徹と「雨上がり決死隊」を結成。

お笑い芸人ながら、松田優作への憧憬から、俳優志向でもある。
嫁は2歳上の姉さん女房、超のつく恐妻家。
ゴミ出しはじめ家事全般を担い、卵焼きは絶賛との定評。

2012年12月に早期胃癌で、胃の2/3を摘出。
2017年8月には、複数女性との密会がスクープされ、
潔白を問われると「オフホワイト」と絶妙な切り返しを見せた。

そんなこんなで、問題の忘年会は約4年前、
やや調子に乗っていらっしゃった頃だったのでしょうか。

闇営業芸人宮迫博之 問題のパーティーで熱唱しアメトーークに招待します発言

お~~~、会場動画はコチラ↑ 宮迫さんノリノリですね。

芸人さんが無条件でここまでやるってことは、逆にズブズブの関係?
なんてうがった見方も否めないのでは・・・。

 

●まとめ

くり返しちゃいますが、宮迫さん、私的にはひいきめの芸人さんでした。
今後、テレ朝はじめ、キー局の裁定がどうなるか、注目ですね。

大スポンサー様の意向には、もちろん首を振れませんし、
謹慎位は避けられず・・・、いやそれどころか、今後TV
でお目にかかることはない?なんて、どんなでしょう。

ご家族のこととか、ちらつくと、心が痛むとこではありますが、
しばしのとこ、事の成り行きを見守るしかないですね。
それでは、本日もおつきあい、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました