ジャニーさん、緊急搬送の病院はどこ?病名や容態、年齢他も調べてみた!

スポンサーリンク
芸能エンタメ

6/18 ジャニー喜多川さんが、渋谷区内の自宅で倒れ、
意識不明で都内の病院に緊急搬送されたと、報道が流れました。

病名や容態は?その後の経過は?
ファンの皆様には、大変気になるとこですね。

一代で築いたジャニーズ帝国、屋台骨が揺らぐことはないでしょうが、
わかってること、追いかけてみました。

ではジャニーさん、緊急搬送の病院はどこか?病名や容態、年齢他も
どうぞご覧ください。

●ジャニーさん緊急搬送が心配、病院はどちら?

徐々に状況が明らかになってますが、
広尾の日赤病院、日本赤十字社医療センター(渋谷区)
と言われています。

一部、ジャニーズタレントのファンの方が、
出街に詰めかけているようで、
人としてのモラルも問われている様子。

事態が事態です、関係者にはもちろん一般の方にも
迷惑がかかることを配慮して、
節度ある対応を心がけたいところであります。

 

●ところで病名や容態はいかに

気になる病状ですが 、自宅から救急車で
搬送されたらしいことは、報じられておりますか、
病状などについては、 なおもまだ公表されてません。

ご高齢ではありますから、心臓系~はたまた、
脳系統の疾患でありましょうか?

一時は、面会謝絶であったとか、
意識はあって、口元が動いた、だとか
関係者筋のコメントが伝わっております。

実はもう亡くなっている、などの憶測も
飛び交ってはおりますが、逆に
容態は落ち着いたとの報も目にします。

あれだけの大物の方で、テレビニュースなどでは、
速報が流れないことから察して、
小康を保っているのか、はたまた厳重な
報道規制が敷かれているのか 、計り知れませんが、
嵐の前の静けさということでしょうか。

 

●ジャニーさんの年齢他プロフ情報

偉大なる芸能界の先駆者、ジャニーさんWiki情報も
抜粋しておきますね。

ジャニー 喜多川  ジョン・ヒロム・キタガワ
(John Hiromu Kitagawa)
1931年10月23日 生(87歳)

アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス市出身

1960年代初頭、ジャニーは自分の居住していた
渋谷区・代々木の占領アメリカ軍宿舎「ワシントンハイツ」にて、
近所の少年たち約30名で構成された少年野球チームのコーチを務めていた。

チームは、あの力道山にも支援され、
1962年(昭和37年)4月、自身が結成させた野球チームの
メンバーである4名の少年により最初のグループであるジャニーズを結成。
同年6月にジャニーズ事務所を創業

事務所黎明期の「フォーリーブス」「郷ひろみ」らに始まり、
「たのきんトリオ」・「シブがき隊」・「少年隊」などの
3人組アイドルグループを成功させた。

80年代に「光GENJI」、90年代に「SMAP」、
以降「TOKIO」「V6」「Kinki Kids」「嵐」等々
次々と人気グループを、スターダムに押し上げます。

 

●まとめ

ジャニーさんは不滅とか、ジャニーさんクラスなら国内最高峰の医療陣が
黙っちゃいないとか、ジャニーさんの回復を望む声が鳴り止まない。
ファンに愛されてるんですね。
まだまだジャニーさん健在を祈りまして、本日はこの辺に致します。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました