サンバダンサー工藤めぐみはリオのバシスタ、開会式で華麗に舞え!

   


Sponsored Link

リオ五輪の開会式前に、サッカーなど一部競技が始まりました。

(これってどうなんでしょうね?) 開会式と言えば、工藤めぐみさんをご存知ですか?

サンバダンサーでリオ五輪の開会式で踊るようです。

彼女を応援したいので、調べて、エールを送ります。

 

○ サンバダンサー工藤めぐみ、 バシスタって何?

 

工藤めぐみさんは、リオの名門カーニバルチーム サウゲウロ 「

G.R.E.S. Academicos do Salgueiro」 のバシスタなんです。

バシスタと言うのは、リオのカーニバルやパレードでのサンバでソロで踊るダンサー

のことです。小人数で花形、目を引くポジションだけに、踊る技術に長けて、容姿も

秀逸な方々です。(4,000~5,000人チームで、30人と言う狭き門です。)

 

ちなみに 女子プロレスラーにも工藤めぐみサンっていましたが、もちろん

別人です。

美しい・・・工藤めぐみサン

美しい・・・工藤めぐみサン

○ 工藤めぐみの、プロフや色々

 

1985年9月3日生れの、御年30才で、神戸出身です。

東宝芸能事務所に所属ということで、タレント業もこなしております。

2月には「情熱大陸」、先般は「ナカイの窓」なんて出演されてましたし、

SMAPやヤマピーのバックダンサーも努めていたんですね。

 

神戸流通科学大学出身、在学中に急き立てられる様に、ブラジルに留学してしまった

ってことです。以降 約10年にわたり、日本ではサンバ講師を、シーズンはブラジル

でサンバチームで活動するという二毛作状態、ロッケンロールな生き様です。

 

身長は168Cmの公称です。 体重やスリーサイズは、見つけられませんでしたが、

55Kg、88・63・90なんてウルトラ・アイです。

 

ブラジルでは、強盗にあい重傷を負ったり、チームの信頼を勝ち取るまでは、相当に

泥水も飲んだのではないでしょうか?

スタイル抜群です!

スタイル抜群です!

○ 工藤めぐみサン、その志は。。。

リオの開会式ダンサーも、オーディションがあったのですね。

めぐみサン、日本とブラジルをつなぐ架け橋になりたいって訴えたみたい。

彼女のライフワークから、もっと発展性を感じます。

 

エロ可愛いというか、カッコいいですね、心身共に。

日本の誇り! 応援しちゃいますよ~~、浅草サンバなんて凱旋するかな?

もう一丁!

もう一丁!

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - オリンピック, 芸能エンタメ