W-Cup最終予選メンバー 宇佐美に期待、柿谷や歴代天才肌の系譜も

      2016/08/29


Sponsored Link

2018年ワールドカップ アジア最終予選が始まりますね。
9/1木 19時 埼玉スーパーアリーナのホーム UAE戦が最後の決戦への皮切りとなります。

最終予選と日程はこちらを御覧ください。:

http://kazizu14.com/archives/826.html

○ 8/25発表 日本代表メンバー登録24名は、以下です。

samuraiB

GK3名 : 西川周作(浦和)、

東口順昭(G大阪)、

林彰洋(鳥栖)

DF8名 : 酒井宏樹(マルセイユ)、

酒井高徳(ハンブルガーSV)、

長友佑都(インテル・ミラノ)、

太田宏介(フィテッセ)、

吉田麻也(サウサンプトン)、

槙野智章(浦和)、

森重真人(FC東京)、

昌子源(鹿島)

MF6名 : 長谷部誠(フランクフルト)、

山口蛍(C大阪)、

柏木陽介(浦和)、

大島僚太(川崎)、

香川真司(ドルトムント)、

清武弘嗣(セビリア)

FW7名 : 本田圭佑(ACミラン)、

小林悠(川崎)、

宇佐美貴史(アウクスブルク)、

原口元気(ヘルタ)、

岡崎慎司(レスター)、

武藤嘉紀(マインツ)、

浅野拓磨(アーセナル)

おっと長友、槙野がケガで、UAE戦、タイ戦(同6日、バンコク)に離脱、 追加招集は、

DF丸山祐市(27=FC東京)とDF遠藤航(23=浦和)の2名です。

トピックス的には、クラブで不遇な川島の落選、太田、武藤は久々の復帰となります。

また先のリオ組からは、大島、浅野、遠藤の3名となりました。

 

○ 宇佐美ら前線の選手に期待のエールを

海外再挑戦の宇佐美には、大きな期待を持っておりますし、また彼の活躍=代表の躍進につながるかと。 90年台前園さんを彷彿とする、2列目からの典型ドリブラー、幼なじみの奥様もかわゆすです。
(第1子の誕生後、先に嫁を抱きしめたとか。 微笑ましいね。)

usami~

これは美形、宇佐美夫人。  やはりスポーツ選手、皆様お美しい。

 

本田、岡崎ら常連組はもちろんですが、Jリーグ連続得点記録の途絶えた小林悠なんて辺りも代表で弾けるとこ見たいな~。

原口元気(1991年生 25才)も ほぼ宇佐美(1992年生 24才)と同世代で、ヘルタ入りして心境著しく得点意欲の高まりや、俺だってと内心燃えたぎるものが相当にあるはず。

○ そう言えば柿谷とか、天才肌の系譜も追ってみると・・・。。

同じくブラジルW-CUPメンバーの柿谷(1990年生 26才) 、バーゼルではあまりフィットできなかったか、古巣セレッソに戻っています。
今は耐える時期? 宇佐美とてバイエルンでレギュラー確保には至りませんでした。 それでも得たものは、技術・メンタル共に少なからずです。

1992年生と言えば、宮市あたりも、もっと凱旋して代表入りに名を連ねて欲しいのですが。。

早熟で天才肌と言われる選手も、大きな十字架を背負って、尋常ならぬプレッシャーも裏返しで、それは想像もつかない世界があるのでしょう。

90年台で言えば、財前なんてトップランナーながら、ケガで泣いたし、小野伸二ももっと大成できた人と思います。 まあどの世界も国を代表して、日の丸つける人は、伝説の一つや二つ持ってます。

これからも活躍を祈って、期待が膨らみます。
(今 バルサ帰りの久保くんなんて、かなり楽しみです。
東京オリンピックは中心選手じゃなかろか、順調なら間違いなく。)

ファンも勝手を言うものですが、いつも暖かく、心から応援する姿勢は、忘れたくないですね。
世界の超絶、スーパープレーをお楽しみ下さい。
日本もやってくれるはずです!

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - イベント, サッカー, スポーツ