アジア最終予選 1節の結果と、タイ戦はロンドン世代の台頭に期待!

   


Sponsored Link

2018ロシアワールドカップ アジア最終予選、9月1日 UAE戦は 残念な結果に終わりました。
最終予選 初戦に負けて、本大会出場はまだないそうですが、そんなものは、日本が打ち破りましょう!

景気付けにこちらをどうぞ ↑

○  グループB 初戦の結果

 

オーストラリア 2-0 イラク

サウジアラビア 1-0 タイ

日本      1-2 UAE

 

日本はホームで黒星先行、 得失点差で 暫定順位は以下です。

1位 豪州、 2位 UAE、 3位 サウジ、 
4位 日本、 5位 タイ、 6位 イラク

グループAは、ホーム韓国が 3-2で中国に勝ち、
他はホームのイランが2-0でカタールに勝利。
また、ウズベキスタンは1-0でシリアをホームで下し、白星を挙げた。
全てホームが 先勝しました。

 

○  2016年 日本代表は 成熟のチーム

 

事前に1ヶ月のスペイン合宿をはり、強化試合は5戦を重ね、9月の日本・豪州に照準を

合わせて来たUAEが、9/1のゲームでも何かが少し上廻っていたのかもしれません。

誤審や、追加点を決めておけばとか、悔やまれど、それはもういたし方ないこと。

ここからライバルをはねのける、高質で熱量のあるサッカーを展開していただきましょう、

ということで。 初戦は良い薬として、残りを取りこぼさないってことで。

 

日本は現在、成熟したメンバー構成と言えそうです。 豪州の23選手の総キャップ数は

518です。 それに対して日本は、中核の長谷部・本田・香川・吉田・岡崎・長友の6人で

516に上ります。  南ア・ブラジルと2大会の経験値は貴重ですし、今回も彼らが中核

となるのは間違いないところ。

とは言え、全面的にベテランどころに依存するわけにもいかないし、若手の底上げが

ない限り、本大会への切符すら危ういことになるでしょう。

ロンドン五輪の面々

ロンドン五輪の面々

○  今後のカギは、ロンドン世代、清武・原口・武藤でしょ!

 

そこで期待したいのは、2012年ロンドン五輪世代の台頭です。

ここまでも五輪経験組が、その後W-CUPで主力化するサイクルが根付いてます。

2004年アテネ大会は、闘莉王・大久保らが、2010年南アで躍動しました。

2008年北京大会は、本田・香川らが、2014年ブラジルで中心でした。 その流れをくめば 2012年ロンドン組が、2018年ロシア大会に向け開花するというわけです。

幸いこの世代のトップランナーは、ヨーロッパで既に足場を築いています。

スペイン・セビリアの清武、独ではヘルタの原口、マインツ武藤、ハンブルガー酒井高、アウグスブルク宇佐美と目白押し、仏マルセイユの酒井宏もいます。

さらに浅野もアーセナル > シュツットガルトへのレンタルも決まりました。

彼らが主力組を脅かし、本当に脅威に育ったとき、日本は盤石になるでしょう。

 

○ タイ戦の見どころ

最終予選のともなると、FIFAランキング120位のタイとて、堅守カウンターから日本に一矢報いる力はあります。
タイも黄金世代、バルサ流 小気味良いパスワークも見せますし、俊便性も侮れない、

実際2次予選では、イラクに勝っています。
初戦サウジとも互角に張り合ってました。 特にトップを張るティーラシンなんて相当バランス良く、要警戒です。

またアウェイで、タイは国をおしてブームでもあり、勝利給など破格に上積みしています。

実際 力量は紙一重の部分も多々、乾坤一擲 5大会連続 本線出場の底力を魅せつけて
ほしいですね。 日本は太田や小林悠なんて、同級生コンビも 楽しみなんですが。。

 

こちらもご覧ください :  http://kazizu14.com/archives/826.html

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - イベント, サッカー, スポーツ