シルバー川柳2016がオーモロー! もののあわれをしみじみ楽しむ

      2017/09/18


Sponsored Link

サラリーマン川柳ほどメジャーではないけれど、シルバー川柳は、ご存知でしょうか?

2016年もクスリと笑えちゃう名作が沢山です。 のぞいてみましょう。

なかなか楽しめますよ、実際。

 

○ 2016年 シルバー川柳 入選作 20点

出典 : 公益社団法人 全国有料老人ホーム協会

Sponsored Link

 

■ポックリと 逝きたいくせに 医者通い

■気が付けば 母のとし超え 我を知る

■絵手紙で いい味出してる 震える字

■「やめとくれ」 ただの寝坊で 脈とられ

■こんにちは 思い出せずに さようなら

 

■希望なし 目標なくて 自由あり

■あれよあれ それよそれよと 答え出ず

■猫までが 妻の真似して 俺またぐ

■クラス会 それぞれ持病の 専門医

■ボケもよい 昨日のケンカ もう忘れ

 

■金よりも 大事なものが 無い老後

■見栄と欲 捨ててしまえば 生き仏

■チンをして 出すの忘れて 冷蔵庫

■金が要る 息子の声だが 電話切る

■飼犬が 徘徊防止に 付いて来る

 

■この歳で 止めてどうする 酒たばこ

■やっと立ち 受話器を取れば 電話切れ

■ハグされて こわい私の 骨密度

■五郎丸 まねて念仏 かと訊かれ

■基地問題 うちがもめるは 墓地問題

何か微笑ましい、シルバー大国に幸あれ!でっす。

Sponsored Link

○ 今年の応募データは・・・

<応募総数>8,876作品

<応募者年齢>平均年齢:71.4歳 最年長:101歳(男性) 最年少:8歳(女児)

<応募者男女比>男性:57.7%  女性:41.5%  性別不明:0.8%

皆さん応募しようって意欲と、実際 行動に移すとこ流石です。

うちの田舎のおとう(爺さんです)など、この辺はマメな人じゃないから
想像つかないですよ。

おいらも次回は応募しちゃおうかな、中年ミドル世代からだけど。

第1回~第15回の入選作

http://www.yurokyo.or.jp/news/silversenryu/20160908_01.html

 

○ 題材やネタの傾向

今年も世相を写して、時事・流行ネタから夫婦や身内などの定番まで、着想は多岐です。

「五郎丸ポーズ」「パナマ文書」「マイナンバー」「終活」「壁ドン」

「都知事問題」「基地問題」「スマホ」「ライン」

「容姿・肉体・知力の衰え」「認知症」「尿漏れ」「物忘れ」

タイムリーですね、流行語大賞あたりも、相当に意識してるかもです。

社会にも敏感で、長寿社会への戸惑いも覚えながら、たくましいですね。

いつまでもお元気で生き生きといてくださいってとこでしょうか。。

それではお達者で~

Sponsored Link

お勧め記事はこちら!

 - やる気 元気, 笑い