バナナラマのヒット曲をたどり、キュートな3人組にディスコ彷彿!

スポンサーリンク
ミュージック
Bananarama

バナナラマをご存じの若い方は少ないだろうな~、でも’80年代ロンドンでデビューを

果たし、ニューウェーブシーンからダンス・ミュージックと変遷を経て、今なお活動中の

彼女たち、その名曲の系譜は侮れないし、彼女達はとってもキュートなんです。

さあ今日もおつきあい頂ければ、幸いです。 ’80年代のディスコシーンと共に。

Bananarama

Bananarama

 

○ バナナラマのヒット曲から、独断でオススメ

さあ行きましょう!

・ Cheers Then  (1983年)

曲名どおり、何だか元気づけられませんか?

YouTube

 

・ Love in the First Degree  (1987年)

ノリがポップで良いですよね! 懐かしい映像と共に・・・。。

Bananarama – Love in the First Degree (JPTV 1988)

 

・ Venus  (1986年)

これはカバー曲だったんです、あえてオリジナルのこちらでどうぞ。。

『 Shocking Blue 』 のVersionです。

Shocking Blue – Venus (Official Video)

 

○ Cairo 

バナナラマに戻って、こちらも名曲です。

Bananarama – Cairo *[RARE]*

 

○ バナナラマ、ディスコで大ブレーク

’80年代のバブル絶頂期、ディスコの大隆盛と共に、バナナラマも爆発します。

ディスコ マハラジャや、ジュリアナ東京で、バナナラマの曲は、お立ち台がギャルで埋め尽くされました。

企画サークル系の大学生がインターカレッジとかこぞって、ディスコを貸し切り、

夜な夜なのダンスパーティってやつを繰り広げてました。

チケット1枚 5,000円とかを、売りさばきます。 まるで営業のノルマ状態。

もう覚醒の感ですが、そこに行くと、今のクラブ文化って、自由人の集まりと

言いますか、自然に集う感じが不自然でなく、健全かもですね。

I Heard a Rumoursなど、この頃になると、自分は少し距離を置いてしまいました・・・、初期のサウンズ好きの自分的には、興味が薄れてしまったんです。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

でもお立ち台は絶景だったな~。  何だったんだろあの熱気。。
荒木師匠 大活躍で~、一度 お母さんともお会いした、良い人でしたよ (笑)

確か荒木師匠は、バツイチ後 再婚したんだよな~、普通の方 でもお医者さん風
な雰囲気でしたか、ただミニスカートは健在でした。

3人トリオから、現在は基本2人デュオとメンバーに変遷はあれ、今なお現役で活動中、来日公演は折々みたいで、次回を楽しみにしております。

現在のバナナラマ

現在のバナナラマ

 

こちらもよろしく、ご贔屓に。。

エコバニとイアン・マッカロク来日 名曲に今宵もむせび泣きしびれる♠
1980年台 インディーズからニューウェイヴの一翼を担って、世界を席巻したエコー& バニーメン。 そのフロントマンとしてボーカルを務め、バンドの顔であったイアン・マッカロク、12月の単独来日、ソロ講演が決まったんですね。 渋谷と新宿で...

バニーメン、イアン・マッカロクも名曲満載なんですが、
プライベートとかあまり良い話聞かんのですよね。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました