堂安律が情熱大陸に登場!日本代表次世代エースのゴール動画に酔う!

スポンサーリンク
サッカー

2019年サッカー日本代表ですが、アジアカップはカタールの前に涙を呑んで、
惜しくも準優勝に終わりました。 5度目の優勝を目指したサムライ・ブルーとしては、
残念ではありますが、希望の光も見えました。

そうです次世代エースの一人、堂安律が情熱大陸に出演です。
早くから才気あふれるタレントで、サッカー好きにはおなじみですが、
堂安くんやサッカーを、あまりご存じない方、堂安のWikiも追いかけました。
あわせて華麗なゴール動画集も集めてみたので、お楽しみ下さい。

 

○ 堂安律のWiki

生まれ 1998年6月16日生(20歳)
出身地 兵庫県尼崎市
身長 172cm
体重 70kg
愛称 マラドーアン
大阪の至宝
浪速のメッシ
日本のロッベン、何だかスゴいニックネームが並んで壮観です。

三兄弟の三男として生まれ、兄の影響でサッカーを始めます。
名門・ガンバ大阪のジュニアユースに入団し、中学2年生の時には
全国大会で史上初の三冠を達成。高校2年生でトップチームに帯同し
2015年5月にACLのFCソウル戦で公式戦デビュー。
2017年6月に19歳でオランダ・FCフローニンゲンに移籍。
1年目からレギュラーとして活躍し、2018年9月に日本代表に初選出。
たまの休日は2時間かけて首都アムステルダムまでドライブし(愛車はメルセデス・ベンツ)
日本食を食べるのが大好きという20歳。 オランダ・フローニンゲン在住

 

○ 情熱大陸の放映内容は?

世界が注目する次世代エース!サッカー堂安律の野望に密着。ってことで、
放映を心待ちにしていたファンの方も多いのでは、ないでしょうか。

昨年2018/9月に日本代表デビューし、絶妙な攻撃センスと強烈な左足シュートで
瞬く間にエースへの道を切り開いてきた堂安律。
先日のアジアカップでは惜しくも決勝で敗れたものの、森保ジャパンの中軸として
将来の日本代表を背負う存在だ。

172cmと小柄ながら、鋭いドリブルと絶妙なコース取りでゴールを狙う姿が
サッカー界のかつてのスーパースター「マラドーナ」を彷彿とさせることから、
ついたニックネームは「マラドーアン」。

誰かの仕掛けに呼応してタイミング良く飛び出したり、相手の嫌がる場所へ
強引に仕掛けるセンスはまさに絶品で、現在所属するオランダの
FCフローニンゲンでも主力選手として圧倒的なパフォーマンスを見せている。

プレーもさることながら、多くのファンを惹きつけるのはその言動だ。
長友佑都のような明るく物怖じせず海外チームにもすぐ溶け込む社交性と、
本田圭佑のような強気なメンタルも併せ持つ。

プロとして身に付けるモノや髪型、ファッションにもこだわりを見せる,
インタビューでは「世界中のどこ歩いてもバレるような選手になりたい」と大物ぶりも発揮。
そんな彼が日本での代表戦を終えオランダの自宅に帰るまでの姿に密着する。
世界のビッククラブが注目す20歳がカメラの前で漏らした本音とは?
サムライブルーの若きエースが見据える野望に迫る。

 

○ 堂安律の華麗なゴール動画を見よ!

ではお待たせしました、堂安のゴールやテクを動画で見入っちゃって下さい。

堂安律 平成最後の怪物 Ritsu Doan Skills&Goals

 

う~~~ん、非凡です。

堂安律 マジでクソやばい19歳の異次元ゴール集「俺がキング」フローニンゲン Ritsu Doan Amazing Goals in Groningen

久保くんとのフル代表での共演、楽しみです。

 

○ まとめ

唯一無二の存在になりたいと、野望への挑戦を公言する、堂安選手!
頼もしいです。 現在所属のフローニンゲンから、バイエルンのロッペン(オランダ)や、
バルサのスアレス(ウルグアイ)もかつては所属、ここからステップアップして行きました。
インスタグラムでは、世界で注目の若手プレーヤー3名に、ネイマール(ブラジル)や
エムべパ(フランス)と共に、取り上げられました。

被タックルで転倒する確率は、日本代表メンバー平均が20%とされる中、
堂安は5%とのデータが出ています。彼の強さとバランスを立証しています。
あのバルセロナオリンピックでも走った杉本龍勇さんをフィジカルトレーナーにつけて
体幹作りや走力トレーニングにも励んでおります。

自家製のフルーツミックスジュースに舌鼓を打つ、20才の少年の様では
ありますが、自らを『自信の塊』の言葉通り、「彼の前途に大いに期待したいと思います。

↓ よろしければ、コチラの動画もお楽しみ頂ければ。

中島翔哉と堂安律のゴール動画、日本代表次世代エース候補を比較してみた!
中でも中島翔哉と堂安律、今さらながら若手でピカイチではないですか? そんなわけで、 中島翔哉と堂安律のゴール動画など集めてみました。 あわせてプロフも並べて、日本代表次世代エース候補を比較してみました。

 

本日も最後まで、お付き合い頂き、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました