レムとノンレム睡眠の違いは何?アルツ予防にも鍵との仮説もご紹介

スポンサーリンク
お役立ち

睡眠には2種類あります。そう「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」、
私たちは、この2つの睡眠を行き来して眠っています。

人生の約3~4分の1は眠って過ごすもの。
私たちにとって非常に身近な存在であるのは、言うまでもないこと。
でもその正体は謎に包まれており、なぜ毎日眠らなければならないのかも、
実は解明されていないのです。

と言うわけで、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」、その違いは何か、
調べてみました。 なんでもレム睡眠が増えると、
アルツハイマー認知症の予防になるとの仮説も、ご紹介します。
それでは知的好奇心に満ちた、眠りの科学へご招待です。

 

●レム睡眠、ノンレム睡眠、違いはコレ!

2種の睡眠のうち、ノンレム睡眠は、睡眠全体の
80~85%を占め、心拍や呼吸は安定しており、
脳波には特徴的な「デルタ波」が計測されます。

もう一つのレム睡眠は、覚醒に近い睡眠なんです。
睡眠全体の10~15%を占め、心拍や呼吸は不安定に変化し、
夢を見易い傾向にあります。

【レム・ノンレム睡眠と体の変化】

  レム睡眠 ノンレム睡眠
眼球の動き 早い 入眠時に遅い運動
筋肉の緊張 著しく低下 中程度
心拍数 乱れて早め 遅い
呼吸 乱れて早め 遅い
血圧 乱れて上昇気味 低下
胃酸分泌量 増加 減少
発汗 少なめ 多め
大脳 活性化 鎮静

 

レム睡眠時には、成長ホルモンの分泌量が増え、体をメンテナンスしています。
脳内で細胞の隙間が少し広くなって、そこから老廃物の排出も行われてます。
また脳の神経細胞同士を繋いでいる配線「シナプス」が作り変わってます。

一方のレム睡眠、現在まだほとんど、何も判っていない状況と言われますが、
レム睡眠と加齢に関する論文を紹介します。
どうもレム睡眠は赤ちゃんのときに非常に多く、生後半年の間に激減し、
その後も加齢に伴い減っていくというのです。

《レム睡眠の割合》

年齢層 レム睡眠割合
生後2週間以内 ≒50%
6ヶ月~2才 ≒30%
一般平均男女 ≒22%
70才以上高齢者 ≒13%

 

レム睡眠も学習能力も、加齢や疾病に呼応して変化する。
学習能力が高い発達期に、レム睡眠が多い、そんな仮説が有力です。

●レム睡眠が良質な睡眠の鍵

かように謎多きレム睡眠なのですが、レム睡眠はノンレム睡眠の質を高める
という重要な機能があると言います。
研究で、マウスのレム睡眠をオン・オフ切り替える役割を果たす細胞が
発見され、レム睡眠・ノンレム睡眠だけの睡眠サイクルが実験されたところ、
レム睡眠には、ノンレム睡眠中に出る、脳内のデルタを波を促す作用がある
ということでした。

デルタ波が弱くなると、ノンレム睡眠の質も下がります。
結果レム睡眠は、ノンレム睡眠の質を陰で支える機能があるとされています。
デルタ波は睡眠を深くする効果があり、睡眠中の外部からの刺激(光・音等)
の拡散を、抑制する効果があるのです。

(Ads3)

 

●レム睡眠が増えるとアルツ予防の効果も?

認知症とレム睡眠の関係性にも注目が高まっており、一見関係なさそうに
見えますが、認知症の方は、そうでない健常者に比べて、レム睡眠が
減少している傾向ありと言われます。

母集団を20~30年にわたり、睡眠測定した結果、認知症とレム睡眠の
相関が報告されています。どうやら健常者でも、レム睡眠が少なかった人が
20年以内に、アルツハイマー認知症を発症しているとのことでした。
アルツハイマーの原因物質と言われる「アミロイド」も関心が向けられています。

睡眠 眠りの豆知識 レム睡眠 と ノンレム睡眠 【 Good nigth TV 】

 

●マトメ

 

眠りを科学してみましたが、いかがでしょうか。
人類の睡眠は、体内時計の仕組みと関係しており、もともとは
太陽とうまくつきあうためのメカニズムだと考えられてきました。
人間の一生におけるレム・ノンレム睡眠の傾向に着目して参りましたが、
今後も研究が進んで、真説が解明されゆくものとみます。
健康あっての人生、これからも注視して参ります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました