自律神経を整えるなら食べ物が大事!腸内環境を整えて、調子が出ないを解消♪

スポンサーリンク
お役立ち

人が生きていくために必要なのは「呼吸」と「食事」です。
自律神経を整えるためにも大事なことで、
意識をした瞬間に、健康は始まります。

では腸内環境を整えて、調子が出ないを解消してまいりましょう。

 

●予防医学のニューヒーローは腸内環境

1日3食、6時間毎の食事が推奨されるのは理由があります。
食物が小腸を通過するのに6時間かかるため、消化される前に
次の食事が送られてくると腸に負担がかかります。
また食事の間隔が空きすぎても良くないのです。

善玉菌の多い、良い腸内環境では、肝臓を通して、
全身にきれいな血液が運ばれますが、
悪玉菌の多い腸内環境では、汚れた血液が運ばれてしまいます。

腸は内側と外側から鍛えることが大切です。
腸内環境を良い状態に整えるために、食物繊維をとること、
ヨーグルトなどの発酵食品を摂取し、善玉菌を刺激することが大事です。

また外からの刺激については、右肋骨の下と左の腸骨付近に、
大腸の曲がり角があるため、ゆっくりもみほぐして、刺激することを
オススメします。

 

●そもそも自律神経とは?

自律神経は、交感神経と副交感神経という、2種類から構成されています。

*交感神経は車に例えるとアクセルです。
心身ともにアクティブな状態になります。

*副交感神経は車に例えるとブレーキです。
体はリラックス状態に向かいます。

交感神経と副交感神経の割合は1対1が理想ですが、
男性は30才、女性は40才をめどに、副交感神経の
働きは下がり、乱れやすくなります。

天候、曜日、時間でも容易に乱れますが、
一番バランスをクズ過ぎるのは、ジェラシーと言われます。
人の失敗を喜ぶ、怒るということでも、自律神経は大きく乱れます。

また自律神経は伝わり合うため、笑顔も怒りも
周りの人に伝わります。

 

●すべてのミスは科学で証明できる

人がミスをする原因は、
1 余裕がないとき、
2 自信がないとき、
3 予想外のことが起きたとき、
4 具合が悪いとき、
5 環境が悪いとき、
と大別されます。

「今、この状況下にいる」と意識するだけで、
半分は防げると言われます。
人はミスをしますが、それを想定内にすることで、
自律神経が乱れることを防げます。

 

●自律神経機能をアップする習慣

おまけで、以下の自律神経機能をアップする習慣も、
お試しください。

1 自分の頭や顔、手首などを指先で、
  やさしくリズミカルにたたく
2 朝食で体内時計を整える
3 39~40度の半身浴をする
4 質の良い睡眠をとる
5 腸内環境を整える飲食

上記を心がけて、体調がすぐれないときは、
無理せず休養か、病院に行きましょう。

こちらの動画なども、参考にして頂ければ・・・。

自律神経を自分で整える!一分間呼吸法!

 

●まとめ

健康とは、いかに質の良い血液を全身の細胞に、十分に流すことが
できるかにつきます。
質の良い血液をつくるのは腸内環境、全身に血液を流す血管を
コントロールするのは自律神経です。
これらを整えることが、健康の最大のポイントであり、
良いパフォーマンスにつながるので、
自律神経コントロール術を体得するつもりで、
さあ今日から意識してまいりましょう。

参考まで、こちらの記事もいかがでしょう ↓

 疲労回復の方法は、睡眠・食事・スポーツ・生活習慣の改善が鍵と心得よ!
バテや疲れを解消して快適に過ごす、日常生活で 実践できる手軽な疲労回復とは?  疲労回復の方法は、睡眠・食事・スポーツ・生活習慣の改善がポイントです。 手軽に取り入られるので、ぜひ参考に試してもらえますと幸いです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました