久保建英、父親のお仕事って何?執筆本から教育方針をあぶり出し

スポンサーリンク
サッカー

非凡な天才レフティ久保建英、向こう10年間日本サッカー界を
牽引してくれるのでは?って、期待が止まない活躍ぶり。

そんな久保くん、お父さんってどんな方なんでしょう、
気になりませんか? 何のお仕事をされているのか、
教育方針は、さぞ秀逸であったのか、
2012年と、少し遡りますが本も出版されています。

久保くん 父親の職業
や、 執筆後から教育方針など、
追いかけてみましたので、ごらんください。

 

●久保建英の父親健史さんって、どんな方?

久保くんのお父様、その名は 久保健史(たけふみ)さん。

昭和46年生れ、和歌山県出身。筑波大学体育専門学群をご卒業。
同大学サッカー部OB。平成6年ミサワホーム株式会社に入社します。

大学在学中に他の部員同様、地域の少年サッカーの指導にあたるも、
本格的な指導者としての経験はなし。
(ただ筑波大は、今も昔も、超の名門に当ります。)

長男誕生とともに、二人でボールを蹴り始め、
息子の成長を、毎日楽しみながら今日に至る、ということです。

息子の才覚に惚れ込み、ご自分のこと以上に、息子の上達に
向き合ってきた様が、目に浮かびます。

● 久保くん、お父さんのお仕事はな~に?

となると健史さん、アスリートではございません。
大学卒業後は、ミサワホームに入社された、勤め人なんです。

2018.9/30付、同社の人事異動報によれば、肩書は、
“総務人事部長兼BR働き方改革推進室担当室長”兼務状況でした。

老舗上場会社で、40代後半の部長さんで、時流のポストも兼務、
この方かなり偉い方とお見受けします。
(息子さん同様に、このまま順当に、役員昇進なんて筋書きもある?)

同社の報酬体系を鑑みて、年俸制なら1,200万円ほどと言うのが、
大方の睨むところであります。

ご自宅は川崎市麻生区の百合ヶ丘付近とのことですので、
新興住宅街に暮らす裕福層と言うアウトラインが家族の肖像。

そうそう久保くん、6才下の弟さん瑛史(えいじ)くんも、
Fマリノス・プライマリーでご活躍とのこと。
才能は、兄以上との声もある。
理想のニューファミリー像? こちらも将来楽しみです。

 

●著作『おれ、バルサに入る!』、書評を抜粋!

久保くんがこれほど順調に成長できたのも、
環境や哲学に、裏付けされたもの、とすると、
久保家には、どんな教育方針が貫かれているのでしょうか。
執筆された書籍を、ダイジェストして参ります。

副題には“夢を追いかけるサッカー・キッズの育て方”とあります。

-『おれ、バルサに入る!』目次はコチラ↓

第1章 バルサに行きたいなら、バルサの練習をする
第2章 外遊びと読書で、体幹とメンタルを鍛える
第3章 ステップ1 幼年期 まずは親子でサッカーを楽しむ
第4章 ステップ2 年中・年長時代 シュートの形を教え、勝つ喜びを経験させる
第5章 ステップ3 小学生時代 試合に役立つスキルを、一つでも多く身につける
第6章 親はマネージャーになる

 

とございます。

環境もさることながら、“天才は作られる“とも言われますから、
右も左もわからない幼児期には、親が適切にレールを敷くことは、
極めて重要なことと、再認識いたします。

特筆すべきは、外遊びへのこだわりや、長男でも次男っぽく育てたこと等、
かなりユニークかと感じます。

そしてバルサと言う目標へ戦略的にアプローチ、
幼少時より自立意識を育み、練習を遊びに塗り替え、
実戦的であることを徹底するなど、珠玉の取り組みの
数々が垣間見えます。

 

●マトメ

久保建英くんの父親、健史さん、ご自身も大学体育会でも
サッカーを経験し、大手企業での昇進ぶりから察しても、
立派な人格者であろうかと思われます。

こうした経験からも、どんなスキルが必要で、かつ
心技体が伴わないと、バルサみたいな狭き門は、通過できないと、
もとより悟っていたのでしょう。

久保くん自体、コメントも秀逸で、考え方がシッカリしていると
感心してしまいます。こうしたことも、久保くんの読書好きに加え、
親御さんの教育・しつけの賜物と確信できます。

久保くんもまだまだ伸び盛り、活躍の影に、
お父様やご家族の支えがあると、頭の片隅に置いて、
これからもますます応援して行きたいと思います。

↓少し古いですが、コチラの記事もいかがでしょうか。

久保建英の動画は天才ドリブラー神童ぶり半端なし、代表の救世主へ?!
久保建英選手、早くからFCバルセロナ カンテラ行きで注目度高かったですが、ここにきてさらにサッカー界の話題を集めてますね~。 FC東京 J1トップチームにも昇格、中学生ですよ! 世代トップランナ-の一人として、その...

本日もお読み頂き、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました