レンタル話を聞く人よもぎちゃんがノンフィクションに登場、素顔を追跡

スポンサーリンク
ドキュメント
よもぎちゃん2

フジテレビの人気ドキュメンタリー番組、『ザ・ノンフィクション』
日曜PM14時~放映されました。

今回は“なんもしないボクを貸し出します 
~「レンタルなんもしない人」の夏~”

主人公は、国分寺在住の森本祥司(35)なんですが
お客さんとして登場した、ブロガーのよもぎちゃんがかわいいのです。

そこで、レンタル話を聞く人よもぎちゃんがノンフィクションに登場
ってことで、その素顔を追ってみました。

よもぎちゃん

 

● ノンフィクションでのレンタル話を聞く人よもぎちゃん

何でもよもぎちゃん、お客さんとして、「レンタルなんもしない人」の
森本さんをレンタル、夢の記録を10数ページにわたり記録、
その内容を読んでもらって、いわば他愛なくカミング・アウトして
ガス抜き、そんないきさつでございました。

ツーショット写真も撮って、ビジネスのヒントも得たようです。
そう「レンタルなんもしない人」に着眼して、
「レンタル話を聞く人」を想起したとのことです。

目下、サービス料自体は無料、交通費や飲食代等の実費は
クライアントであるお客様負担でございます。

[ad]

● よもぎちゃんがかわいい、素顔も追ってみた

よもぎちゃん、ご自分で
”クラスで4、5番目に可愛い女の子”
などとおっしゃいますが、十分1~2番を
張れるんじゃないですか・


そんなよもぎちゃん、実は“元レンタル彼女“としても
活動していたようです。

レンタル彼女とは、女性が利用者の”理想の彼女”を
演じてデートにつきあい、楽しい時間を提供する活動、
お仕事です。

もともとそちらの経験も生かして、
人気ブロガーの仲間入りを果たしたという彼女、
驚くなかれ、過去には何十万円も1度のデートで
収入を得たと言います。

● よもぎちゃんのレンタル彼女時代

そしていわゆる“パパ活”との違いも、赤裸々に語ってます。

どうも4~5年前に遡るようですが、当時のよもぎちゃん、
1時間6000円、出張料3000円で、最短2時間からで、
よもぎちゃんのレンタルで最低1万5000円所要だったとのことです。
これを事務所と折半し、本人の身入りは、この半分となります。

1回のデート時間は、4~6時間くらいが多く、
食事して散歩したり、カフェでただおしゃべりってのがほとんど。

 

彼女は本当の恋人っぽくベッタリする感じの
キャラではなかったので、友達の延長みたいな感覚で
レンタルしてくれる彼氏さんがほとんどらしい。

彼女といっても、OKなのは手繋(つな)ぎと腕を組むまで。
キスはもちろんハグもダメ。
タクシーとカラオケ以外の個室も全てNG。
なので、女の子をどうこうしようって人はほとんどなし。

とても純情で、微笑ましくもあります。

(Ads3)

● まとめ


よもぎちゃん、「レンタルなんもしない人」にヒントを得て、
「レンタル話を聞く人」のサービスを始めました。

元レンタル彼女の経験も活かし、単にブロガーに留まらず、
メディアへの露出も広げて、益々ご活躍が伺えそうです。

↓よろしければ、こちらの記事はいかがでしょう。

https://kazizu14.com/archives/4065.html

本日も最後までおつきあい、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました