世界野球プレミア12が決勝目前、WBCとの違いは何か調べてみた!

スポンサーリンク
イベント
2019世界野球プレミア12

2019世界野球プレミア12も大詰め、
韓国との決戦が迫ってまいりました。

戦況はもちろん気になりますが、
プレミア12とWBC、そもそも名称違うし、
別の大会?等々、不思議に思いませんか?

世界野球プレミア12が決勝を控え、
プレミア12とWBCの違いはどこか、
調べてみました。

2019世界野球プレミア12

 

●プレミア12とWBCの違い1:運営主体

1月8日に「世界野球WBSCプレミア12」が開幕されましたが、
何やら「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」と
大会名称とか違いますね?何か違いがあるのでしょうか。

#世界野球の国際大会を運営する組織団体

① メジャーリーグベースボール(MLB)

② ワールド・ベースボール・クラシック・インク(WBCI)
 ※MLB選手会により立ち上げられた組織。

③  世界界野球ソフトボール連盟(WBSC)
2013年以前は国際野球連盟(IBAF)と
国際ソフトボール連盟(ISF)の二つの組織があり、
2013年4月に統合されたのがWBSC。

#これまでの世界野球の国際大会

《MLB運営》
・第1回は2006年3月 (優勝 日本)
・第2回は2009年3月 (優勝 日本) 
・第3回は2013年3月 (優勝 ドミニカ)
・第4回は2017年3月 (優勝 USA)
 (第4回より主催は、WBCIが後継となります。)
《WBSC運営》
・第1回は2015年11月 (優勝 韓国)
・第2回は2019年11月 (優勝 ??)

かようにMLB系とWBSC系に袂が分かれましたが、
いわゆるシーズン前か後か、大きな隔たりが見てとれます。

なぜ2つの組織団体が、世界野球国際大会を仕切るのか?
裏にはオリンピックの正式種目から外れていた時期に、
IOCからの財政支援が受けられず、米MLBが予算を
補填したなどの事情があるようです。

その後オリンピック種目への復活をかけ、WBSCが統合され、
各種の活動に折衝してきた歴史があって、今に至っているとの由。

 



今すぐDAZNで、MLBをお試し視聴してみる~?

●プレミア12とWBCの違い1:大会形式

相違点の2つ目は、大会方式となります。

《WBC》
マイナー国にも予選を実施、本戦では
4か国が4グループに分かれリーグ戦を行い、
各組上位2ヶ国がトーナメント形式の2次ラウンド
進出の流れを採用していました。

《プレミア12》
今回は世界ランキング1位から12位までの国を3つのグループに分け、
総当たりの1次ラウンド後、各組上位2チームの6ヶ国が総当りの
スーパーラウンド(リーグ戦)で1・2位国が決勝戦を行います。

#細部のルール面も相違


その他、
・投手の球数制限が撤廃されてます。
・延長戦は10回以降、無死一、二塁からのタイブレーク。

等々、従前との違いがアチコチに。

今すぐ、MLBをDAZNで、お試し視聴する♪


●まとめ

本日は、プレミア12とWBCの違いは何かを
お調べしました。
結論は、運営主体と大会方式の違いとなります。

・WBC: MLB主催運営
・プレミア12: WBSC主催運営

ともかく侍ジャパンは、決勝に向け、ベストを尽くして頂きたい。
↓ よろしければ、こちらの記事も御覧ください♪ ↓

最後までお読み頂き、ありがとうございました。




コメント

タイトルとURLをコピーしました