高校サッカー選手権2019-20優勝候補と見どころをブロック別展望♪

スポンサーリンク
イベント
第98回 2019全国高校サッカー選手権

第98回全国高校サッカー選手権2019-2020の
栄冠を勝ち取るのは、どのチームでしょうか?

冬の選手権の見どころ、ということで、
優勝候補をブロック別に占って、
列強校を寸評致します。

第98回 2019全国高校サッカー選手権

 

●2019度 優勝候補をブロック別に予想

(トーナメント全貌)

第98回 全国高校サッカー選手権 2019-2020 組合せ


それでは4つのブロック・ゾーンに添って、
優勝候補を絞っていきます。

《Aブロック》

青森山田(青森)vs.米子北(鳥取)
富山第一(富山)vs.立正大淞南(島根)
前橋育英(群馬)vs.神村学園(鹿児島)
専大北上(岩手)vs.龍谷(佐賀)
國學院久我山(東京B)vs.前原(沖縄)
昌平(埼玉)vs.興國(大阪)

いきなり間違いなく、今大会一の死のブロックと
なってます。

連覇を狙う、プレミアリーグでも上位の青森山田が、
エース武田を軸に、横綱ぶりを発揮することでしょう。
初戦、米子北もプリンスL中国では首位、侮れないとこです。

ただこのブロックは曲者揃い。
富山第一:夏のインターハイ準優勝、
前橋育英:前々回の選手権王者で、6年連続出場、
国学院久我山:4年前の準優勝校と、
勝負強いメンツが揃ってます。

昌平、興国、立正大湘南も面白い存在です。


《Bブロック》

帝京長岡(新潟)vs.熊本国府(熊本)
秋田商(秋田)vs.神戸弘陵(兵庫)
明秀学園日立(茨城)vs.高知(高知)
仙台育英(宮城)vs.五條(奈良)
北海(北海道)vs.高川学園(山口)
日大藤沢(神奈川)vs.広島皆実(広島)

晴山、谷内田の協力ストライカー2枚を
擁する帝京長岡が、頭一つ抜けてる印象です。

プレミア上位の大津を破った熊本国府に
足下を救われなければ、上位進出が
見えてきます。

インハイ覇者で西川率いた桐光学園を下した
日大藤沢と広島皆実も好ゲーム、
神戸弘陵、明秀日立、仙台育英が
虎視眈眈の様相です。

(圧巻の静学↓)

【静岡学園 vs 富士市立】ハイライト 高校サッカー選手権 静岡県『決勝』2019.11.16

《Cブロック》

尚志(福島)vs.徳島市立(徳島)
都立東久留米総合(東京A)vs.草津東(滋賀)
愛工大名電(愛知)vs.築陽学園(福岡)
丸岡(福井)vs.長崎総科大附(長崎)
静岡学園(静岡)vs.岡山学芸館(岡山)
山形中央(山形)vs.今治東(愛媛)

昨年の選手権、今夏のインターハイ共に、
4強の尚志が最有力のブロックですが、
鹿島内定で前回得点王の染野唯月の負傷
回復具合が気掛かりです。

先般、染野が登録メンバー外と報道ありました。
名将、仲村監督は「代表で抜けることが多い、
染野抜きでも戦えるチーム作り」を徹底して
参りました、メンバーの奮起に期待です。

次点は松村優太ら華麗な個人技を繰り出す
静岡学園、東福岡が勝ち残れば荒木遼太郎が
一暴れしそうです。
(東福岡を破って、築陽学園が出場、侮れない!)

小峰先生の長崎総科大附や、
東久留米などがダークホースでしょう。

《Dブロック》

鵬学園(石川)vs.京都橘(京都)
矢板中央(栃木)vs.大分(大分)
帝京可児(岐阜)vs.大手前高松(香川)
松本国際(長野)vs.和歌山工(和歌山)
日大明誠(山梨)vs.四日市中央工(三重)
日章学園(宮崎)vs.市立船橋(千葉)

こちらはインハイ4強の京都橘と、
流経大柏を撃破して久々の表舞台、
市船が鈴木唯人、畑大雅の破壊力を武器に
勝ち進むと読みました。

初戦の日章学園も底力あり、
昨年8強の矢板中央も、大いに
盛り立ててくれるでしょう。

(激闘!市船VS流経大柏↓)

【決勝GOAL集】市立船橋vs流経大柏 全5ゴール 市船が壮絶な打ち合い制して3年ぶり全国へ(第98回全国高校サッカー選手権千葉県予選決勝)

 

#2019度 冬の選手権ベスト8をズバリ

以上から鑑みて、順々決勝のカードを
次のとおり予想します。

・青森山田 VS 昌平
・帝京長岡 VS 日大藤沢
・尚志  VS 静岡学園
・京都橘 VS 市立船橋

もうこのレベルでは紙一重な訳ですが、
あえて決勝は、青森山田 VS 尚志
昨年準決勝の雪辱で、尚志の初優勝予想
結論づけます! (本当かよ♪ WW)

※ 昨年準決と同カード、ハットトリックの染野欠場が
 決定し、青森山田はやや安堵かも・・・。
 しかしサッカーは何が起こるか読みきれない。
 尚志のチーム力も底上げされてますから、
 プレミアリーグの再現を大舞台で見たいものです。


ただプレミアリーグの戦績は、青森山田が圧倒してますが、
すんなり勝てるとは思えんのですよね~、一波乱あって。


DAZNで、サッカー中継を、お試し視聴してみる!

●2019インターハイの戦績他

ちなみに2019年度 選手権の優勝を展望するに辺り、
本年度の勢力図も、振り返りたいですね。

# 2019インターハイのベスト8

優 勝: 桐光学園  X
準優勝: 富山第一
ベス4: 尚志
ベス4: 京都橘
ベス8: 北越   X
ベス8: 初芝橋本 X
ベス8: 西京   X
ベス8: 徳島市立
 X=選手権は地方敗退校

もう一つ気になるのが、2011年から始まった
U-18世代の全国規模のリーグ戦高円宮U18
プレミアリーグ、プリンスリーグの動向です。

# 2019の東西のプレミアリーグ参加校

青森山田(EAST)
市立船橋(EAST)
流経柏(EAST) X
尚志(EAST)
大津(WEST) X
東福岡(WEST)

そして次カテゴリーのプリンスリーグでは、
選手権出場の各地強豪校が、上々の戦績を収めております。
(Jユースはもちろん、最高峰の技術と粋を併せた列強校が
 切磋琢磨して、経験値も高まらざるを得ないってなもんです。)

ですから、冬の選手権も、この辺りから上位進出校が
勝ち残っていくのが、間違いないとこと察するわけです。
(ただ勝負に絶対はなし、地方予選敗退を余儀なくされることも・・・です。)

スポンサーリンク

●まとめ

第98回全国高校サッカー選手権の
優勝候補と注目選手をブロック別に予想してみました。

若年から逸材揃いで、指導者のコーチングも好感触で
均一化してきたせいか。そもそもの地域格差自体は
すごく薄まってきたと実感します。
とは言え、大舞台独特の緊張感と言うのか、
歴史や経験が左右する要素も少なくない。

ある種、革新か伝統か、どちらに風が吹くのか、
今から勝負の行方を巡っての駆け引き、楽しみで
なりません。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
↓コチラの記事も、参考にご覧ください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました