松本まりかは壇蜜に似てる!インスタや画像を比べて、魅力に迫ってみた!

スポンサーリンク
CM
壇蜜と松本まりか

・松本まりかさんって知ってる?

・最近話題の女優さん、人気急騰ぶりが凄まじいわね。


そう松本まりかさん、子役時代からご活躍みたいですが、
美しいだけじゃない、透明感の中にも確かな存在感を感じます。

そしてどこかで見たような、そうあの“壇蜜”さんに、
お顔も雰囲気も、喋り方もソックリではありませんか。

では松本まりかさん、壇蜜さんににているってことで、
インスタや画像を比べて、経歴も覗いて、その魅力を
探ってみました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

●松本まりかと壇蜜のインスタ・画像を比較

松本まりかさん、壇蜜さん、画像を見比べて見ましょう。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

左: 松本まりかさん、 右: 壇蜜さん

 

# 松本まりかさんの画像

クリックすると新しいウィンドウで開きます

松本まりか

View this post on Instagram

初めての東京カレンダー 西麻布の地下にある隠れたバー。暗闇の中に灯る仄かな照明。全身黒のドレスで、カウンターに座り、ひとりカクテル。振り向くと隣にはLeicaのカメラ。そのルックとクラシックなシャッター音が、私をそそる 魔性の人妻を演じたことで注目を集めた、女優・松本まりかさんが月刊誌「東京カレンダー」1月号に初登場!. . 「実はお酒はあまり強くなくて…。 甘めのお酒をじっくり時間をかけて飲みます」. . 妖艶な見た目とは対照的な、あのスイートボイスで発せられたこの言葉に、取材班は悶絶!. . 誌面では「年末の深夜のバーで一人飲む美女」を演じてもらった。秘蔵カット満載の大人の色香漂うグラビア&インタビューは、東京カレンダー最新号でしか見られない!. . ◆profile◆ 松本まりか インスタグラム( @marika_matsumoto ) 1984年9月12日生まれ。東京都出身。 16歳で女優デビュー後、2018年、ドラマ『ホリデイラブ』で演じた井筒里奈役で大ブレイク。 以後、ドラマのオファーが殺到。 現在放送中のドラマ『死役所』(テレビ東京)ではニシ川役を熱演中。 今月初めには15年ぶりとなる写真集『月刊松本まりか 汀』(小学館)も発売に。 . #東カレ#東京カレンダー#年末#休日の過ごし方#年末年始#年末年始の過ごし方#オトナ女子#大人の休日#ホームパーティ#インスタ映え⠀ #クリスマス #忘年会 #女子会 #ホムパ #手土産 #お年賀 #桐谷美玲 #成田凌#tokyocalendar #フレンチ#個室#クリスマスケーキ#松本まりか#久保田利伸 #吉田恵美#大人ファッション#休日コーデ#東京グルメ#年末グルメ

A post shared by 松本まりか (@marika_matsumoto) on

こんなバーに、行ってみたい!

View this post on Instagram

“失敗しない女”松本まりか「ドクターX」第8話に登場 東帝大学医学部在学中に“ミス東帝大”にも選ばれ、ボストンハーバード医科大学では“失敗しないプリンセス”と称された優秀な外科医・中山麻里亜。12月5日放送の第8話には、未知子とはまったく対照的な“失敗しない女”が登場する。 “失敗しないプリンセス”麻里亜を演じるのは、近年注目度急上昇中の松本まりか。あざと可愛いキャラから鬼気迫る演技まで、幅広い役柄においてその魅力を発揮し「怪演女優」との呼び声も高い、2019年もっともブレークした女優の1人だ。 今回松本が演じる“失敗しないプリンセス”麻里亜。華麗な経歴に加え、元ミス東帝大という抜群のビジュアルで「東帝大学病院」外科医局に来るなり、男性医師たちを虜にしていく。しかし唯一、未知子だけは麻里亜の実力に懐疑的。しかも執刀しようとしていた手術を麻里亜に横取りされ、「三度の飯より手術好き」の未知子は憤慨するのだった。 そんな中「東帝大学病院」に次期総理大臣候補と言われる政界のプリンスが入院。彼の治療方針を巡って、未知子と麻里亜は対立する。これまで“失敗しない女外科医”として唯一無二の存在感を誇ってきた未知子の前に現れた、まさかの“失敗しないプリンセス”。女同士のプライドを懸けた戦いが、幕を開ける。モデルプレス さん引用 松本まりかコメント ―― 『ドクターX』第8話にゲストとしてご出演されてみて、いかがでしたか。 第1シリーズからノンストップで一気見するほど『ドクターX』にゾッコン。こんなに夢中にさせてくれるシリーズもののドラマは初めてでした。「御意!」というセリフがたまらなくて、あれだけのそうそうたる俳優さんたちが、出世のため、いとも簡単に自分の意見を曲げ社会の言いなりになっていく姿がとても滑稽かつチャーミング。対する大門未知子が「致しません」と理想の生き方を颯爽と体現してくれている――この痛快さが私を虜にしました。 そしてこの第6シリーズ。ここまで根強い人気を博し、作り上げてきた『ドクターX』の秩序を登場からかき乱すような役を私に託して下さった事に恐れおののいたと同時に、この役をやれる事にとても興奮しましたし、演じ終えた後では 、今後この仕事をする上で、ちょっとやそっとの事では動じなくなるぐらい、度胸と肝が座りました。ひとつ無の境地に行ったような気がしています(笑)。 ―― 松本さん演じる中山麻里亜は“失敗しないプリンセス”と称される女医で、「東帝大学病院」の医局の男性陣を骨抜きにしてしまう役柄でしたが、演じられてみていかがでしたか。 とんでもない役を頂いたな、と(笑)米倉涼子さんと真っ向から張り合い、医局の先生方を骨抜きにしていくなんて、とんでもなくて…。これまで『ドクターX』のほとんどのシリーズを見てきましたが、こんな“イケナイイタズラなキャラクター”見たことないし、むしろ、居てはいけないですよね(笑)とにかく、麻里亜は登場から最後まで、言動行動、全てが『タブーだらけの女医』でした。こんなにもかき乱してしまい、ただただ恐縮です。ただ本音を言うと…ちょっと、いや、だいぶ面白かったです(笑)。 大門先生のト書きに、麻里亜を見て「何だ、こいつ」という心の声があるんです。麻里亜がいくらカッコ良く振る舞い、真っ当なセリフを言い、みんなが羨望の眼差しで見たとしても、大門先生は『何だ、こいつ』。ここに全て終結するように常に意識して演じたつもりでしたし、そこが今回の私のツボでした(笑) ―― 大門未知子を演じる米倉涼子さんとの共演は、いかがでしたか? まず、大門先生に対して「私、失敗しないので」なんて言えないですよね。たった一言なのに米倉さんの前ではそれが飛んでしまうほど、このセリフには焦りました。監督には常に「未知子に負けないでくれ」「勝ってくれ」と言い続けられていたので、そこは心を強く持ちました! 米倉涼子さんは、大門未知子が自由自在。「この台詞をこんな風に言うんだ」と、生で間近で見られて、興奮が止みませんでした。米倉さんとはたくさんお話したかったのですが、緊張して距離を取ってしまったのが悔やまれます。 ―― 撮影現場で楽しかったエピソードなどありましたら、是非教えてください。 ラストシーンの麻里亜の台詞がまたとんでもないのですが、米倉さんが、「このシリーズ7年やってきたけど初めて、負けたーーーっ!!!」っておっしゃったことです。もちろん冗談でおっしゃったのですが、現場が笑いに包まれ、“秩序を乱すイケナイ子”を演じ続けた私にとって、救いの言葉でした。 またスタッフさん内田有紀さんはじめ、皆さんがこの役を面白がって色々教えてくださったことによってリラックスしてこの役に臨めたと、本当に感謝しています。 そして、西田敏行さんとは、中学生の時大河ドラマで娘役を演じて以来、19年振りの共演となりました。私がどう動こうが、面白く膨らませてアドリブを連発される西田さんが、緊張しながらもたまらなく刺激的でした! 『ドクターX』でこんな危険な遊びをさせてもらえたこと、とにかくこの役にキャスティングしていただけたことに、ただただ感謝しかありません。この“タブーだらけのイケナイ女医”の登場を面白がって頂けたら幸いです。

A post shared by 松本まりか (@marika_matsumoto) on

白衣もエエ~~

View this post on Instagram

FRIDAY

A post shared by 松本まりか (@marika_matsumoto) on

セクシーショットも、もちろん良し!

写真集も発売されます~、こちらも楽しみですね。

 

# 壇蜜さんの画像

クリックすると新しいウィンドウで開きます

壇蜜さんはもうおなじみ、やや過激すぎるので、
こちらでは控えめに致しますが、悪しからずです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

人妻さんとなっての新境地、ショートもとっても良いんだな~~。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

お二人共、超美形で、雰囲気もステキなんですね。

スポンサーリンク

●松本まりかの経歴やプロフ

松本まりかさん、プロフィールを
Wikiなどから、集めました。

1984年9月12日生まれ 35歳
出身地 東京都中野区
身長 160 cm
血液型 B型
職業 女優・ナレーター・声優
活動期間 2000年~
事務所 A-team 所属

2000年にテレビドラマ『六番目の小夜子』で女優デビュー。
2001年まで雑誌『ピチレモン』(学研)のレギュラーモデル。

2018年放送のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日)で
演じた井筒里奈役の「あざとかわいい」キャラクターが注目。

ネット掲示板「ガールズちゃんねる」でも3000件以上の
コメントが寄せられるなどSNSでも話題、フォロワーも急増。

同年8月発表の「Yahoo!検索大賞2018」で、
「松本まりか」が女優部門の中間発表で上位3名入り。

最近のメジャー出演作品は、

・シャーロック 第1話(フジ)
・死役所(テレ東)
・ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第6期第8話

あたりでしょうか。

こちらのCMも、まりかさんなんですね~、キュートです。

ソフトバンク CM 白戸家「お父さんスマホデビューする」篇(30秒)

こんな無邪気な笑顔もお持ちです、さすが女優さん♪

ちなみに世代同期の女優さんは、蒼井優、宮崎あおい、ベッキーあたりのようで、
売れ線ですね。

スポンサーリンク

●松本まりか、名言オンパレード

そんな注目の松本さん、メディアも放置しません。

テレ朝、太田松之丞(お願い!ランキング)にも出演
されて、名言を次々と発しておりました。

“憑依型女優”なんて異名を持ち、
本音で生きるって怖くないですか?と人生相談を持ち込みました。

「本音を止められない…」
「お行儀のよい人はつまらない…」
「浮気はしない、ぜんぶ本気…」
「(売れないときに)人生の退屈を味わった」
「人として醜くなるのが嫌で、嫉妬を捨てた」
「死んでるように生きていた中で、
 演技だけが生の真実であった」
「(演技での)キスは、行為として“無”でできる」

等々恋愛、オフの過ごし方、芸能界の道徳など
ユニークな生き様を垣間見せます。

もう哲学者や求道者の様で、爆笑問題の太田も
メロメロの骨抜きになってました。

松本まりか ファンサービス 酔っ払っているときにライブ配信にてさよなら バイバイ をする一瞬

こちらも、めっちゃカワイイ~~❤

●まとめ

松本まりかさん、壇蜜さんににているので、
インスタや画像を比較、経歴や魅力を
追いかけました。
この方も大女優への道筋が、見える気がします。
ステキです。

そうそう、壇蜜さんと言えば、こちらの記事も
ご覧頂ければ・・・。 ↓

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました