青森山田高校サッカー部2019選手権のメンバー紹介と戦力や強みを分析!

スポンサーリンク
イベント
青森山田高サッカー部

第98回全国高校サッカー選手権(2019-2020)は
青森山田高が優勝候補の筆頭であることは、
間違いのないところでしょう。

そんな青森山田高校サッカー部2019選手権の
メンバー予想と戦力や強みなどもまとめてみました。

 

青森山田高サッカー部

 

●青森山田高校2019選手権のメンバー予想

では2019選手権、青森山田高校の
登録メンバーを予想します。

【青森山田高2019-2020選手権 予想スタメン】

 

※ポジション、氏名、学年、
生年月日、身長体重、前所属チーム
$=スタメン予想
==================

1 GK 佐藤 史騎(3年) $
2001.11.01 180cm/68kg
前所属チーム:横浜FC JY(神奈川)

12 GK 韮澤 廉(2年)
2002.10.03 182cm/68kg
前所属チーム:大阪東淀川FC(大阪)

30 GK 山田 翔之介(3年)
2001.07.06 176cm/70kg
前所属チーム:FC東京U-15むさし(東京)

2 DF 内田 陽介(2年) $
2002.08.20 166cm/60kg
前所属チーム:クマガヤSC(埼玉)

3 DF 神田 悠成(3年) $
2001.06.26 176cm/68kg
前所属チーム:清水エスパルスJY(静岡)

4 DF 箱﨑 拓(3年) $
2001.05.10 177cm/71kg
前所属チーム:湘南リーヴレ・エスチーロ JY(神奈川)

5 DF 藤原 優大(2年) $
2002.06.29 180cm/69kg
前所属チーム:青森山田中(青森)

【Foot!THURSDAY】 高円宮杯プレミアリーグ EAST 第6節 尚志vs青森山田 藤原 優大選手インタビュー

16 DF 鈴木 琉聖(3年)
2001.04.06 173cm/63kg
前所属チーム:GRANDE FC(埼玉)

22 DF 松本 将吾(3年)
2001.06.25 176cm/66kg
前所属チーム:さいたま市立尾間木中(埼玉)


6 MF 古宿 理久(3年) $
2001.04.18 176cm/66kg
前所属チーム:横浜FC JY(神奈川)

7 MF 松木 玖生(1年) $
2003.04.30 176cm/70kg
前所属チーム:青森山田中(青森)

8 MF 浦川 流輝亜(3年) $
2001.06.18 168cm/60kg
前所属チーム:青森山田中(青森)

10 MF 武田 英寿(3年) $
2001.09.15 175cm/63kg
前所属チーム:青森山田中(青森)

11 MF 後藤 健太(3年) $
2001.05.28 174cm/63kg
前所属チーム:FC東京U-15深川(東京)

13 MF 得能 草生(3年)
2001.11.07 164cm/64kg
前所属チーム:北海道コンサドーレ札幌U-15(北海道)

14 MF 金 賢祐(3年)
2001.10.10 174cm/63kg
前所属チーム:FCソウル アカデミー(韓国)

15 MF 安斎 颯馬(2年)
2002.09.29 172cm/63kg
前所属チーム:FC東京U-15深川(東京)

18 MF タビナス ポール(2年)
2002.07.05 184cm/75kg
前所属チーム:FCトリプレッタJY(東京)

24 MF 那俄牲 海(3年)
2001.09.06 168cm/62kg
前所属チーム:青森山田中(青森)

9 FW 田中 翔太(3年)  $
2001.04.10 178cm/72kg
前所属チーム:エクサス松戸SC U-15(千葉)

17 FW 古澤 ナベル慈宇(2年)
2003.03.28 181cm/82kg
前所属チーム:クリアージュFC JY(東京)

23 FW 粟津 瑠来(2年)
2002.06.15 169cm/62kg
前所属チーム:青森山田中(青森)

青森山田高校(EAST王者) vs 名古屋グランパスU-18(WEST王者)ハイライト【高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019 ファイナル】


なお黒田監督をはじめ、コーチ陣は総勢11名。
チームドクターやトレーナーまでいらっしゃいます。
ちょっとしたプロ並み、公立校は少し気の毒な印象
さえ持ってしまいます。

そして、韓国や静岡と、チーム遠征してますから、
資金力も相当なものですね。
おまけに中等部は、全国制覇を続けております。

スポンサーリンク

 

●青森山田の戦術、強み

12/15高円宮U-18プレミアリーグ2019ファイナルで、
WEST王者のグランパスU-18を、
EAST王者の青森山田が3-2で勝利しました。

名古屋~有利の下馬評をくつがえし、クレバーに闘い抜きました。
(グランパスはすでに、クラブユース選手権、
Jユースカップの2タイトルをゲットです。)

今期の集大成を象徴する戦況を、振り返ってみます。
その闘いぶりは、ボール保持者へ力強く体を寄せ、
敵のパスワークを制限し、シュートコースも消す守備で、
こちらのペースに巻き込んで行きます。

攻撃も破壊力抜群で、魅せつけます。
ロングスローはお家芸ですし、両サイド広いスペースを
経由してのクロスを効果的に使い、最短最速のカウンターや
リスタートで相手を後手に廻します。
こんな成熟した試合運びができるので、
世代最強の横綱と言えるのです。

(こんなチームを夏のインターハイで、PKながら沈めた
 新潟の北越高って見事ですね。なお新潟代表は帝京長岡です。)

 

●青森山田の注目選手

個人の選手で着目するなら、注目どころは?
プレミアリーグでの特点ランキングでは、
3人が目立ってます。(18節段階)

武田英寿12点、田中翔太6点、金賢祐6点
ではとりわけの注目選手を上げておきます。

#武田英寿

【Foot!THURSDAY】 高円宮杯 プレミアリーグ第16節 青森山田高校 vs 清水エスパルスユース 青森山田 武田 英寿 選手インタビュー

郷家友太(ヴィッセル神戸)、檀崎竜孔(コンサドーレ札幌)
に続き伝統の10番、武田は浦和レッズに内定です。

ベガルタ仙台ジュニアから青森山田中に歩を進め、
ゲームメーカーとして順当な成長を見せ、
昨年は7番を背負い、シャドウの位置取りから、
サイド両翼の個性派アタッカーを操り、自身も
ゴール前スペースに侵入し、ゴールや果敢な2次攻撃を
繰り出し、オフェンス中核として、決定機を演出。

今年はキャプテン就任、10番を託されました。
キャプテンとして、10番として求められるものは大きい。
チャンスメイクとゴールを、共に追求する中、
プレミアリーグでも得点王に輝き、別格の存在感を放ってます。


#松木玖生

【Foot!THURSDAY】 高円宮杯 プレミアリーグ第16節 青森山田高校 vs 清水エスパルスユース 青森山田 松木 玖生 選手インタビュー

1年生ながら、非凡さで群れを抜くのが、MF松木玖生です。
2016-17年に全国中学総体を連覇。2018年は準優勝、
鳴り物入りで、高等部に進みます。

先述のプレミアファイナルでも、FW田中、後藤に続き、
決勝ゴールで、大仕事をしてのけました

こぼれ球を落ち着いて切り返し、DF の股を縫って
フィニッシュを流し込みました。

瞬時に股が開きがちであると分析し、狙うところに
末恐ろしさも覚えます。


#古宿理久

【Foot!THURSDAY】 高円宮杯プレミアリーグ EAST 第14節 柏レイソルU-18 vs 青森山田 青森山田 古宿 理久 選手インタビュー

前述2人は超のエリート、そこへ行くと苦労人で
ここまで紆余曲折の古宿、ユースで所属していた
横浜FC入が内定しています。

かつてマリノス・ユースでもプライマリーの昇格を
閉ざされた古傷もあります。
今やボランチとして、絶妙な舵取りを見せ、
攻守の切り替え、起点として屋台骨を支える存在です。


サッカー中継なら、DAZNをお試し視聴!

 

●まとめ

青森山田高校サッカー部2019選手権の
メンバー紹介と戦力や強み、注目選手など
取り上げてみました。

順当に決勝まで、突き進むのか
ジャイアント・キリングが起こるのか、
楽しみでワクワクが止まらないとこです

よろしければ、添付の記事もお読み頂き、
お正月の高校サッカー選手権を楽しもうじゃ
ありませんか。

かつてインハイと冬の選手権連覇ってありましたね。
東福岡とか・・・。アレってものすごいことですね、改めて。


コメント

タイトルとURLをコピーしました