静岡学園サッカー部2019メンバー紹介、松浦等、逸材や強みに注目!

スポンサーリンク
イベント
2019静学 松村選手

第98回全国高校サッカー選手権(2019-2020)
優勝候補の一角、静岡学園。

サッカー王国も久しく、栄冠を勝ち得ていない、
本年は躍進の下馬評も高い!

今日は静岡学園サッカー部2019選手権の
メンバー予想と戦力や強みなど紹介します。

注目選手では、エースの松村優太以外にも
逸材が多々、正月が待ち遠しいですね。

2019静学 松村選手

 

●静岡学園2019選手権の登録メンバー予想

それでは、2019-2020全国高校サッカー選手権、
静岡学園の登録メンバーを予想してみます。

(スタメン予想図)

 

No.  ポジション、選手名、 学年、 前所属チームを記します。

《GK 登録》

1 GK 北口 太陽 3年 大阪市ジュネッスFC
17 GK 野知 滉平 2年 清水エスパルスジュニアユース
25 GK 生嶋 健太郎 1年 ヴィッセル神戸U-15

《DF 登録》

2 DF 田中 太晟 3年 セゾンFC
3 DF 阿部 健人 3年 シュートジュニアユースFC
4 DF 田邉 秀斗 2年 奈良YMCA SCジュニアユース
5 DF 中谷 颯辰 3年 大阪市ジュネッスFC
15 DF 西谷 大世 3年 セゾンFC
22 DF 岩野 寛太 3年 J-FIELD津山SC
23 DF 徳永 誠也 3年 刈谷81 FC
24 DF 市川 聖也 2年 シュートジュニアユースFC
28 DF 関根 大輝 2年 静岡学園中学

《MF 登録》

6 MF 権平 美樹 3年 静岡学園中学
7 MF 藤井 皓也 3年 AS.ラランジャ豊川U-15
8 MF 浅倉 廉 3年 川崎フロンターレU-15
10 MF 松村 優太 3年 大阪東淀川FC
11 MF 渡辺 怜歩 2年 静岡学園中学
13 MF 清水 和馬 1年 静岡学園中学
14 MF 小山 尚紀 3年 セゾンFC
16 MF 井堀 二昭 3年 J-FIELD津山SC
18 MF 藤田 悠介 3年 セゾンFC
19 MF 草柳 祐介 3年 P.S.T.C.LONDRINAジュニアユース
21 MF 柿本 音王 3年 新潟FFCジュニアユース
26 MF 関 俊哉 3年 esporte藤沢
27 MF 矢田 祥真 3年 大阪セゾンFC
29 MF 小泉 龍之介 1年 ESPORTE CLUBE JOGADOR
30 MF 塩見 春輔 3年 JSC CHIBA

《FW 登録》

9 FW 加納 大 2年 静岡学園中学
12 FW 岩本 悠輝 3年 大阪市ジュネッスFC
20 FW 奥田 友惟 3年 千里丘FC

ちなみに創部は1967年、現在部員は1~3年生しめて
250名越えの大所帯。

ですからスタッフ陣も、川口修監督を筆頭に、
10数名です。(御大 井田勝通さんは総監督。)
ちょっとした、クラブチームばりですね。

スポンサーリンク

 

●静岡学園の注目選手と戦術や強み

地域格差も今や昔の話?競合ひしめく、
第98回全国高校サッカー、冬の選手権ですが、
静岡学園、順当に終盤まで勝ち抜く可能性は
極めて高いものと、予想します。

その強さや注目選手につき、私なりに考察します。

前回代表、開成館に雪辱の、静学↓

【静岡学園 × 浜松開誠館】ハイライト 高校サッカー選手権 静岡県『準決勝』2019.11.9

# 攻守の切替えや球際、松村がチームの象徴

選手権は5年ぶりながら、全国屈指のレベルを誇ります。
中高一貫の育成に加え、Jユースや全国トレセン出身の
逸材が集うので、層の厚さやレベルは折り紙付き。

伝統の個人技に加え、強靭なプレスも磨かれ、攻守の
バランスも高まってます。

巧みで華麗なテクに留まらず、ひたむきな泥臭さが、
静岡学園を戦う集団に昇華させました。

素早い攻守の切替えと厳しい球際の攻防、
DF阿部主将は、肉弾戦を恐れず、チェイシングの
成果を強調します。

# チーム内競争は超狭き門

テクニック重視の奔流は、多くの技巧派を全国各地から
吸い寄せます。もはや“上手い選手”なら、2軍やBチームにも
ゴロゴロといった感、強いメンタルや、ぶれない目的意識と
いったプラスアルファが、当然に求められ、足元の技術だけで
レギュラーを勝ち取れるほど、甘くない環境です。

↓ 静学、松村選手と、練習の様子はコレ!

#3 インハイ出場を逃した悔しさをバネに 2019年7月27日(土)放送


# 両翼サイドからの揺さぶり

静岡県の地方予選でも、中盤両サイドの切込みや、
ゴールドラッシュは、えげつないものでした。

ドリブルで縦に中央に、どこからでも自在に突破を試みる。
相手は中盤で翻弄され、最終ラインでも捕まえきれず、
ミドルでも、バイタルでも静学の意のまま、敵を揺さぶる様は
大変頼もしいものでした。

この12月のプリンスリーグ終盤では、やはり
披露もあってか、思わぬ苦戦も強いられました。
ただ選手権本番に向けては、キッチリ修正がなされ
照準を合せてくれるものと、期待しております。

# 松村ら、中心選手のコメント

静岡学園の顔とも言える、松村を筆頭に、
中心メンバーのコメントなど抜粋して
(県予選を勝抜き代表を勝ち取って)、
紹介しておきます。

MF松村優太:「よーいドン!で、負けない自信がある」
 (スピードも圧倒的で、再三の決定機を創出。)
MF小山尚紀:「チームに貢献できてうれしい」
 (県予選では1ゴールで決勝に臨み、鬱憤を晴らす。)
MF井堀二昭: 「練習から誰にも負けないつもりで取り組んでいる。」
 (親に恩返しをしたいと、チーム内競争の激化を背景に。)
DF阿部健人: 「切替えを早く、体に染み込ませている。」
 (うまさだけでなく、チェイシングの真髄を問われ。)

さすがに名門を背負う面々、コメントも違います。

スポンサーリンク

 

●静岡学園サッカー部2019メンバー紹介のまとめ

静岡学園サッカー部2019選手権の
メンバー予想と戦力や強み、注目選手など
取り上げました。

多くのプロ選手を排出する名門であることは、
あまりにも有名です。
(レジェンドKingカズや、現代表では大島僚太など)

かつて全国優勝も成し遂げた、王国の復権はあるのか?
その美技に酔いしれてみたいとこです。

コチラも強烈なライバルとなりうそうですが、
↓ ぜひお読みくださればで、ございます。
 (順当なら、両者は決勝で、顔合せとなります!)

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました